Adobe Acrobat ProをVB.NETで操作して電子署名してみる

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

Acrobat ProをVB.NETとAcrobat提供のJavascriptライブラリを組み合わせることで色々なことができます。
以下覚書を兼ねつらつらと。

電子署名を打ってみる

VB.NETからAcrobat Pro操作することができますが、電子署名を打つにはさらにJavascriptの力を借りる必要があります。

動作のイメージは、VB.NETアプリケーションからAcrobat Proのjavascriptディレクトリに配置しておいた自
前のjavascriptアプリケーションを呼び出し、そのjavascriptアプリケーションで電子署名を打つイメージです。

次のURLは電子署名を打つVB.NETソリューションです。このソリューションを使うには、次のカッコ数字の手順を踏む必要があります。
電子署名を打つVB.NETソリューション:SilverCat

(1).Acrobat Proのインストール。
試用版の状態でも余計なダイアログは表示されますが使えます(30日縛りだったっけ)。
私はこの投稿用のソリューションをテストするのに「Adobe Acrobat XI Pro」を試用版の状態でテストしています。

(2).Acrobat Proのインストールディレクトリにあるjavascriptディレクトリに、
C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 11.0\Acrobat\Javascripts
次のようなJavascriptファイルを置きます。
電子署名を打つjavascriptファイル:SetSecurity.js

(3).Acrobat Proを起動してセキュリティポリシーを作ります。
編集パスワードなどのセキュリティポリシーの設定を作ります。セキュリティポリシー名は”PASSWORD_ENCRYPT_POLICY”で作ります。次のURL(セキュリティポリシーの設定方法)に従って作ります。

(4).Acrobat Proを起動して電子署名の作成と表示方法の設定を作ります。
電子署名の作成と表示方法の設定を作ります。表示方法の設定名は”AppearanceSilverCatSignature”で作ります。次のURL(電子署名の作成と表示方法の設定)に従って作ります。

(5).VB.NETソリューションを実行する。

(6).ソリューション配下のdataディレクトリに、「電子署名したPDFファイル(sample_signed.pdf)」などができているので、これをAdobe ReaderやAcrobat Proで開いて確認します。左上隅に電子署名のフィールドが打ってあれば成功です。
※電子署名の確認ができるPDFビューワーでないと見えませんのでご注意ください。

呼び出し側のVB.NETのコード断片

'' 自前のSignPdf.jsの引数をJSON形式で渡したいので、それを組み立てます。
Dim signParam As Hashtable = New Hashtable
Dim jsonSignParam As String
'' PDFファイルに打つ電子署名の矩形位置座標
signParam.Add("x", 1)
signParam.Add("y", 1)
signParam.Add("width", 36)
signParam.Add("height", 36)
'' 電子証明書のファイルフルパス。javascriptが解釈できるようにパス区切りはスラッシュ
signParam.Add("digitalIdFilePath","C:/temp/my_private_key.p12")
'' 電子証明書の秘密鍵パスワード
signParam.Add("password", "password!")
'' PDFファイルに施すセキュリティポリシー名。事前にAcrobat Proに登録しておく。
signParam.Add("securityPolicyName", "PASSWORD_ENCRYPT_POLICY")
'' 電子署名の作成と表示方法の設定名。事前にAcrobat Proに登録しておく。
signParam.Add("appearanceSignature", "AppearanceSilverCatSignature")
'' PDFファイルの受信者の公開鍵で暗号化する場合は、受信者の公開鍵を指定する。
'' セキュリティポリシーで暗号化する場合は、Nothing
signParam.Add("recipientPublicCerts", Nothing)
'' JavaScriptSerializerでJSON形式の文字列に変換
jsonSignParam = (New JavaScriptSerializer).Serialize(signParam).ToString()
''~~途中省略~~
'' 電子署名自体はJavascriptで行うので、ここではJavascriptを呼び出すイメージ。
'' フィールドにjavascriptの実行メソッドがあるので、フィールドを作る。
formApp = New AFormApp()
fields = CType(formApp.Fields, Fields)
'' 呼び出すメソッド名に先に作ったJSON形式引数を当て込んで呼び出す。
Dim jsCode As New StringWriter
jsCode.Write("SignToPdf(this, ")
jsCode.Write(jsonSignParam)
jsCode.Write(");")
Dim jsRc As String = fields.ExecuteThisJavascript(jsCode.ToString())

呼び出される側のjavascriptコード断片

Acrobat Proのインストールディレクトリにあるjavascriptディレクトリに、
C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 11.0\Acrobat\Javascripts
次のようなJavascriptファイルを置く。
電子署名を打つjavascriptファイル:SetSecurity.js

SetSecurity.js

/**
* セキュリティポリシーを設定します。
* @param policy セキュリティポリシー名。
*/
SetSecurityPolicy = app.trustedFunction (
function(doc, policy) {
try {
app.beginPriv();
var sh = security.getHandler(security.PPKLiteHandler, false);
// セキュティポリシーによるセキュリティ設定:
// Acrobat Pro XIの場合:
// 「表示(V)」「ツール(T)」でツールパネルを表示。
// 「保護」アコーディオン、「暗号化」アコーディオンをクリックし、
// 「セキュリティポリシーを管理(M)...」をクリック。
// 「セキュリティポリシーの管理」ダイアログで登録したセキュリティーポリシーの名前で
// 登録しておいたセキュリティポリシーにより、PDFファイルにセキュリティを設定する。
// セキュリティポリシーの検索。
var options = { cHandler:security.StandardHandler };
var policyArray = security.getSecurityPolicies( { oOptions: options } );
var myPolicy = null;
for( var i = 0; i < policyArray.length; i++) {
if( policyArray[i].name == policy ) {
myPolicy = policyArray[i];
break;
}
}
// セキュリティポリシーの設定。
var res = doc.encryptUsingPolicy({ oPolicy: myPolicy , oHandler: sh, bUI: false } );
if( res.errorCode != 0 ) {
throw res.errorText;
}
app.endPriv();
} catch (e) {
throw e;
}
}
);
/**
* 電子署名フィールドに電子署名を埋め込みます。
* @param sigField 電子署名フィールド。
* @param pwd 電子証明書パスワード。
* @param did 電子証明書ファイルのフルパス。
* @param appearanceSignature 電子署名の表示の仕方。
*/
EmbedSignToPdf = app.trustedFunction (
function(doc, sigField, pwd, did, appearanceSignature) {
try {
app.beginPriv();
var sh = security.getHandler(security.PPKLiteHandler, false);
sh.login(pwd, did);
// この電子証明書にログインするパスワードのタイムアウトはデフォルト、ゼロ秒。
// デフォルト値のままだと、電子署名したかのように見えて、実は空振りするようなので、
// よくわからないがゼロ秒じゃない値、例えば30秒を指定。
sh.setPasswordTimeout(pwd, 30); 
// 電子署名情報の設定。
// mdp:"allowAll":普通署名。
//     "allowNone","default","defaultAndComments":MDP署名。
var sigInfo = {
mdp: "allowNone",
appearance: appearanceSignature
};
// 電子署名をする。
sigField.signatureSign({oSig: sh, oInfo: sigInfo, bUI: false});
app.endPriv();
} catch (e) {
throw e;
}
}
);


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ