Springログイン認証編8.コントローラーを作成する。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

コントローラーとは

ウェブアプリの処理のスタートの部分です。
MVCモデルにおける。Controllerの部分です。基本的にWebページにアクセスしたら、Controllerが起動し、他の処理を呼び出します。
最後にviewを呼び出し、処理を終わります。

ログインコントローラーの実装。

コントローラーの作成は簡単です。
クラスの頭に@Controllerアノテーションを付けるだけです。

LoginController.java


~...
@Controller
public class LoginController {
~....

そのコントローラーに「どのURLのアクセス時に処理が起動するか」を設定していきましょう。
それには@RequestMappingアノテーションを使います。

メソッドに@RequestMappingアノテーションを付けて、どのURLで起動するかを設定しましょう。

LoginContoroller.java


@Controller
public class LoginController {
    @RequestMapping(value = "/login", method = RequestMethod.GET)
    public String default_g(Model model,
            @RequestParam Optional<String> error){
        return "login";
    }
}

return “文字列”;

で最後にビューを起動します。
これでresouces/template内にある「login.html」がビューとして起動します。
(オマケ:@RequestParamでパラメーターをメソッド内の変数として持ってこれます。)

これでコントローラーは完成です。

最後の仕上げとしてこのビューが送るパラメーターとセキュリティコンフィグが受け取るパラメーターを合わせましょう


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ