CentOS 7.xのコンパイルとインストールNginx1.10.3 + MySQL5.7.16 + PHP5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 7.0 7.1マルチバージョンオールラウンド環境

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

プレクエル:

1、CentOS 7.3.1611システムインストール構成図チュートリアル

Http://www.osyunwei.com/archives/10003.html

2、CentOSサーバーの初期設定

Http://www.osyunwei.com/archives/9034.html

準備

まず、ファイアウォールの設定

CentOS 7.xではファイアウォールがデフォルトのファイアウォールとして使用され、iptablesファイアウォールに変更されています。

1、ファイアウォールを閉じます。

Systemctl stop firewalld.service#ファイアウォールを終了する

Systemctl disable firewalld.service#ファイアウォールブートを無効にする

2、iptablesファイアウォールをインストールする

yum install iptables-services #install

Vi / etc / sysconfig / iptables#ファイアウォール設定ファイルを編集する

#iptablesサービスのサンプル設定

#これを手動で編集することも、system-config-firewallを使用することもできます

#このデフォルト設定にポート/サービスを追加するように私たちに依頼しないでください

*フィルター

:INPUT ACCEPT [0:0]

:FORWARD ACCEPT [0:0]

:OUTPUT ACCEPT [0:0]

-A INPUT -m状態 – 状態関連、確立済み-j受け入れ

-A INPUT -p icmp -j ACCEPT

-A INPUT -i lo -j ACCEPT

-A INPUT -p tcp -mステート・ステートNEW -m tcp -dport 22 -j ACCEPT

-A INPUT -p tcp -m state -state NEW -m tcp -dport 80 -j ACCEPT

-A INPUT -p tcp -mステート状態NEW -m tcp -dport 3306 -j ACCEPT

-A INPUT -j REJECT -reject-with icmp-host-prohibited

-A FORWARD -j REJECT -reject-with icmp-host-prohibited

COMMIT

:wq!#保存終了

Systemctl restart iptables.service#最後にファイアウォールを再起動して設定を有効にします

Systemctlを有効にするiptables.service#ファイアウォールを起動するように設定する

/usr/libexec/iptables/iptables.init restart#ファイアウォールを再起動します。

第二に、近くのSELINUX

Vi / etc / selinux / config

#SELINUX =実施#コメントアウト

#SELINUXTYPE =ターゲット#コメントアウト

SELINUX =無効にしました#↑

:wq!#保存終了

Setenforce 0#設定をすぐに有効にする

第三に、システム合意

ソフトウェアソースコードパッケージ格納場所:/ usr / local / src

ソースパッケージのコンパイルインストール場所:/ usr / local / software name

第四に、パッケージをダウンロードする

1、ダウンロードnginx

Http://nginx.org/download/nginx-1.10.3.tar.gz

2、MySQLをダウンロードする

Https://cdn.mysql.com/archives/mysql-5.7/mysql-5.7.16.tar.gz

3、ダウンロードのPHP

Http://mirrors.sohu.com/php/php-7.1.3.tar.gz

Http://mirrors.sohu.com/php/php-7.0.17.tar.gz

Http://mirrors.sohu.com/php/php-5.6.30.tar.gz

Http://mirrors.sohu.com/php/php-5.5.38.tar.gz

Http://mirrors.sohu.com/php/php-5.4.45.tar.gz

Http://mirrors.sohu.com/php/php-5.3.29.tar.gz

Http://museum.php.net/php5/php-5.2.17.tar.gz

Http://php-fpm.org/downloads/php-5.2.17-fpm-0.5.14.diff.gz

4、ダウンロードcmake(MySQLのコンパイラツール)

Https://cmake.org/files/v3.7/cmake-3.7.2.tar.gz

5、ダウンロードpcre(サポートnginx擬似静的)

/ /

6、ダウンロードopenssl(nginxの拡張子)

Https://www.openssl.org/source/openssl-1.1.0e.tar.gz

7、ダウンロードzlib(nginxの拡張子)

Http://www.zlib.net/zlib-1.2.11.tar.gz

8、ダウンロードlibmcrypt(phpの拡張子)

https://nchc.dl.sourceforge.net/project/mcrypt/Libmcrypt/2.5.8/libmcrypt-2.5.8.tar.gz

9、ダウンロードyasm(php拡張子)

Http://www.tortall.net/projects/yasm/releases/yasm-1.3.0.tar.gz

10、t1lib(php extension)

Http://download.freenas.org/distfiles/t1lib-5.1.2.tar.gz

11、gdライブラリのインストールパッケージをダウンロードする

Https://github.com/libgd/libgd/releases/download/gd-2.1.1/libgd-2.1.1.tar.gz

12、libvpx(gdライブラリが必要)

Https://codeload.github.com/webmproject/libvpx/tar.gz/v1.3.0

13、tiff(gdライブラリが必要)

Http://download.osgeo.org/libtiff/tiff-4.0.7.ta​​r.gz

14、libpng(gdライブラリが必要)

Ftp://ftp.simplesystems.org/pub/libpng/png/src/libpng16/libpng-1.6.28.tar.gz

15、freetype(gdライブラリが必要)

Http://download.savannah.gnu.org/releases/freetype/freetype-2.7.1.tar.gz

16、jpegsrc(gdライブラリが必要)

Http://www.ijg.org/files/jpegsrc.v9b.tar.gz

17、Boost(コンパイルmysqlが必要)

Https://ufpr.dl.sourceforge.net/project/boost/boost/1.59.0/boost_1_59_0.tar.gz

上記のパッケージは、/ usr / local / srcディレクトリにアップロードされます。

第5に、コンパイラー・ツールとライブラリー・ファイルをインストールする(yumコマンドを使用してインストールする)

Yum install -y apr * autoconf automake bison bzip2 bzip2 * cloog-ppl compat * cpp curl curl-devel fontconfig fontconfig-devel freetype freetype * freetype-devel gcc gcc-c ++ gtk + -devel gd gettext gettext-devel glibcカーネルカーネルヘッダーkeyutils Keyutils-libs-devel krb5-devel libcom_err-devel libpng libpng-devel libjpeg * libsepol-devel libselinux-devel libstdc ++ – devel libtool * libgomp libxml2 libxml2-devel libXml * libxml * libXaw-devel libXmu-devel libtiff libtiff * make mpfr ncurses * ntp openssl openssl-develパッチpcre-devel perl php-common php-gd policycoreutils telnet t1lib t1lib * nasm nasm * wget zlib-devel

インストール

以下は、コマンドラインの下で動作するパテツールを使用してサーバーにリモートログインしている場合です

まず、MySQLをインストールします。

1、cmakeをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf cmake-3.7.2.tar.gz

Cd cmake-3.7.2

./configure

メイク

インストールする

2、MySQLをインストールする

Cd / usr / local / src

Mkdir -p / usr / local / boost

Cp boost_1_59_0.tar.gz / usr / local / boost

Groupadd mysql #add mysql group

Useradd -g mysql mysql -s / bin / false#ユーザmysqlを作成してmysqlグループに参加し、mysqlユーザがシステムに直接ログインすることを許可しない

Mkdir -p / data / mysql#MySQLデータベースのストレージディレクトリを作成する

Chown -R mysql:mysql / data / mysql#MySQLデータベースストレージディレクトリのアクセス権を設定する

Mkdir -p / usr / local / mysql#MySQLインストールディレクトリを作成する

Cd / usr / local / src#パッケージ格納ディレクトリを入力します。

Tar zxvf mysql-5.7.16.tar.gz#解決句

Cd mysql-5.7.16#ディレクトリを入力

Cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX = / usr / local / mysql -DMYSQL_DATADIR = / data / mysql -DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE = 1 -DDEFAULT_CHARSET = utf8 -DDEFAULT_COLLATION = utf8_general_ci -DWITH_EMBEDDED_SERVER = OFF -DWITH_BOOST = / usr / local / boost

注:-DDOWNLOAD_BOOST = 1 -DWITH_BOOST = / usr / local / boostパラメーターを使用してブースト・パッケージをオンラインでインストールすることができます。サーバーネットワーキングと簡単なダウンロードの失敗が必要です。

cmakeの。-DCMAKE_INSTALL_PREFIX =は/ usr / local / MySQLの-DMYSQL_DATADIR = /データ/ MySQLの-DMYSQL_UNIX_ADDR = / TMP /にmysql.sock -DMYSQL_USER = MySQLの-DDEFAULT_CHARSET = UTF8 -DDEFAULT_COLLATION = utf8_general_ci -DENABLED_LOCAL_INFILE = ON -DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE = 1 -DWITH_FEDERATED_STORAGE_ENGINE = 1 -DWITH_BLACKHOLE_STORAGE_ENGINE = 1 -DWITHOUT_EXAMPLE_STORAGE_ENGINE = 1 -DWITH_EMBEDDED_SERVER = OFF -DDOWNLOAD_BOOST = 1 -DWITH_BOOST = / usr / local / boost

#compileを作る

make install #installを実行します。

コンパイルエラー、再コンパイルする前にコンパイルに失敗したファイルを削除します。再コンパイルするときは、古いオブジェクトファイルとキャッシュ情報をクリアする必要があります。

きれいにする

Rm -f CMakeCache.txt

Rm -rf /etc/my.cnf#システムのデフォルト設定ファイルを削除します(持っていない場合は削除する必要はありません)

Cd / usr / local / mysql#MySQLインストールディレクトリを入力

./bin/mysqld -user = mysql -initialize -basedir = / usr / local / mysql -datadir = / data / mysql#mysqlシステムデータベースを生成する

-initializeは、パスワードがデフォルトで生成されることを示します。-initialize-insecureは、パスワードが生成されず、パスワードが空白であることを意味します。

この行を参照してください[注]一時的なパスワードは[電子メール保護された]のために生成されます :i> X18 * = Rav = 7

Cp /usr/local/mysql/support-files/my-default.cnf /usr/local/mysql/my.cnf

Ln -s /usr/local/mysql/my.cnf/etc/my.cnf#/ etcディレクトリへのソフトリンクを追加します

Cp /usr/local/mysql/support-files/mysql.server /etc/rc.d/init.d/mysqld#Mysqlをシステムに追加して起動します。

chmod 755 /etc/init.d/mysqld#実行許可を追加する

Chkconfig mysqld on#ブートを起動する

Vi /etc/rc.d/init.d/mysqld #edit

Basedir = / usr / local / mysql #MySQLプログラムのインストールパス

Datadir = / data / mysql #MySQlデータベース格納ディレクトリ

:wq!#保存終了

サービスmysqld start #start

Vi / etc / profile#システム環境変数にmysqlサービスを追加する:最後に次の行を追加する

エクスポートPATH = $ PATH:/ usr / local / mysql / bin

:wq!#保存終了

Source / etc / profile#設定をすぐに有効にする

次の2行は、myslqライブラリファイルをシステムのデフォルトの場所にリンクするので、PHPのようなソフトウェアをコンパイルするときにmysqlライブラリファイルのアドレスを指定することはできません。

Ln -s / usr / local / mysql / lib / mysql / usr / lib / mysql

Ln -s / usr / local / mysql / include / mysql / usr / include / mysql

Mkdir / var / lib / mysql#ディレクトリを作成する

Ln -s /tmp/mysql.sock/var/lib/mysql/mysql.sock #addソフトリンク

Mysql_secure_installation#Mysqlのパスワードを変更し、キャリッジリターンの前に生成された秘密CSJlm3DyTGGを入力し、プロンプトに従います。

Yesの場合はy | Y、Noの場合は他のキーを押してください:y#パスワードセキュリティプラグインをインストールしますか? yを選択

パスワード検証ポリシーには、次の3つのレベルがあります。#次のパスワード強度オプションが利用可能です

LOW Length> = 8

MEDIUM Length> = 8、大文字、小文字、大文字、および特殊文字

STRONG Length = 8、大文字、小文字、大文字、特殊文字、辞書ファイル

0 = LOW、1 = MEDIUM、2 = STRONG:0#8を選択すると0を選択し、大文字、小文字、特殊文字などを使用するには1を選択します。

UNINSTALL PLUGIN validate_password; #Uninstallパスワード強度プラグインのアンインストール

mysqlを使用します。

mysql.userを更新するauthentication_string = password( '123456')user = 'root'; #login mysql console modification

ALTER USER 'root' @ 'localhost' mysql_native_passwordとIDが '123456';#改密码

次に、Nginxをインストールする

1、pcreをインストールする

Cd / usr / local / src

Mkdir / usr / local / pcre

Tar zxvf pcre-8.40.tar.gz

Cd pcre-8.40

./configure -prefix = / usr / local / pcre

メイク

インストールする

2、opensslをインストールする

Cd / usr / local / src

Mkdir / usr / local / openssl

Tar zxvf openssl-1.1.0e.tar.gz

Cd openssl-1.1.0e

./config -prefix = / usr / local / openssl

メイク

インストールする

Vi / etc / profile

エクスポートPATH = $ PATH:/ usr / local / openssl / bin

:wq!

ソース/ etc / profile

3、zlibをインストールする

Cd / usr / local / src

Mkdir / usr / local / zlib

Tar zxvf zlib-1.2.11.tar.gz

Cd zlib-1.2.11

./configure -prefix = / usr / local / zlib

メイク

インストールする

4、インストールNginx

Groupadd www

Useradd -g www www -s / bin / false

Cd / usr / local / src

Tar zxvf nginx-1.10.3.tar.gz

Cd nginx-1.10.3

./configure -prefix = / usr / local / nginx -without-http_memcached_module -user = www -group = www -with-http_stub_status_module -with-http_gssip_static_module -with-openssl = / usr / local / src / openssl- 1.1.0e -with-zlib = / usr / local / src / zlib-1.2.11 -with-pcre = / usr / local / src / pcre-8.40

注意:-with-openssl = / usr / local / src / openssl-1.1.0e -with-zlib = / usr / local / src / zlib-1.2.11 -with-pcre = / usr / local / src / pcre- 8.40はソースパッケージの解凍のパスであり、インストールのパスではありません。そうでない場合はエラーが報告されます。

メイク

インストールする

/ usr / local / nginx / sbin / nginx#Nginxを起動する

nginxブートを設定する

Vi /etc/rc.d/init.d/nginx#起動ファイルを編集する次の内容を追加します

############################### ##########

#!/ bin / sh

#nginx – このスクリプトは、nginxデーモンを起動および停止します

#chkconfig: – 85 15

#description:NginxはHTTP(S)サーバ、HTTP(S)reverse \

#プロキシとIMAP / POP3プロキシサーバー

#processname:nginx

#config:/etc/nginx/nginx.conf

#config:/usr/local/nginx/conf/nginx.conf

#pidfile:/usr/local/nginx/logs/nginx.pid

#ソース関数ライブラリ。

/etc/rc.d/init.d/functions

#ソースネットワーク設定。

。/ etc / sysconfig / network

#ネットワークが稼働していることを確認します。

["$ NETWORKING" = "no"] && exit 0

Nginx = "/ usr / local / nginx / sbin / nginx"

Prog = $(ベース名$ nginx)

NGINX_CONF_FILE = "/ usr / local / nginx / conf / nginx.conf"

[-f / etc / sysconfig / nginx] &&。/ etc / sysconfig / nginx

Lockfile = / var / lock / subsys / nginx

Make_dirs(){

#必要なディレクトリを作る

ユーザー= \ n $ \ nginx -V 2>&1 | grep "引数を設定する:" | sed '/ [^ *] * – ユーザー= \([^] * \)。* / \ 1 / g' -`

[-z "` grep $ user / etc / passwd` "];と入力すると

Useradd -M -s / bin / nologin $ user

Fi

オプション= `$ nginx -V 2>&1 | grep '引数を設定する:` `

$ optionsを選択する; do

[`echo $ opt | grep '。* – temp-path'`];を実行すると、

Value = `echo $ opt | cut -d" = "-f 2"

[!-d "$ value"]; then

# "作成" $値をエコーする

Mkdir -p $ value && chown -R $ user $ value

Fi

Fi

完了

}

Start(){

[-x $ nginx] || exit 5

[-f $ NGINX_CONF_FILE] ||出口6

Make_dirs

Echo -n $ "$ progを起動する:"

デーモン$ nginx -c $ NGINX_CONF_FILE

Retval = $?

エコー

[$ retval -eq 0] && touch $ lockfile

$ retvalを返す

}

停止(){

Echo -n $ "$ progを停止する:"

Killproc $ prog -QUIT

Retval = $?

エコー

[$ retval -eq 0] && rm -f $ lockfile

$ retvalを返す

}

Restart(){

#configtest || return $?

停止

スリープ1

スタート

}

Reload(){

#configtest || return $?

Echo -n $ "再読み込み$ prog:"

Killproc $ nginx -HUP

RETVAL = $?

エコー

}

Force_reload(){

再起動

}

Configtest(){

$ nginx -t -c $ NGINX_CONF_FILE

}

Rh_status(){

ステータス$ prog

}

Rh_status_q(){

Rh_status> / dev / null 2>&1

}

ケース "$ 1" in

スタート)

Rh_status_q && exit 0

$ 1

;;

停止)

Rh_status_q ||出口0

$ 1

;;

再起動| configtest)

$ 1

;;

リロード)

Rh_status_q ||出口7

$ 1

;;

強制再ロード)

Force_reload

;;

ステータス)

Rh_status

;;

Condrestart | try-restart)

Rh_status_q ||出口0

;;

*)

$ 0 {start | stop | status | restart | condrestart | try-restart | reload | force-reload | configtest}

出口2

エッサック

############################### ##########

:wq!#保存終了

chmod 775 /etc/rc.d/init.d/nginx#インポートファイルの実行許可

Chkconfig nginx on#设定ブートブート

/etc/rc.d/init.d/nginx restart #restart

ブラウザーでサーバーのIPアドレスを開くと、Nginxのインストールが成功したことを示す次のインターフェースが表示されます。

拡張読書:

Nginxの構成txt、pdf、doc、xlsと他のファイルを直接ダウンロードする方法

nginxの設定ファイルに以下のコードを追加してください

場所/ {

if($ request_filename〜* ^。*?\。(txt | pdf | doc | xls)$){

Add_headerコンテンツ – 配置: 'attachment;';

}

}

第三に、PHPをインストールする

1、yasmをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf yasm-1.3.0.tar.gz

Cd yasm-1.3.0

./configure

メイク

インストールする

2、libmcryptをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf libmcrypt-2.5.8.tar.gz

Cd libmcrypt-2.5.8

./configure

メイク

インストールする

3、libvpxをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf libvpx-1.3.0.tar.gz

Cd libvpx-1.3.0

./configure -prefix = / usr / local / libvpx -enable-shared -enable-vp9

メイク

インストールする

4、tiffをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf tiff-4.0.7.ta​​r.gz

Cd tiff-4.0.7

./configure -prefix = / usr / local / tiff -enable-shared

メイク

インストールする

5、libpngをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf libpng-1.6.28.tar.gz

Cd libpng-1.6.28

./configure -prefix = / usr / local / libpng -enable-shared

メイク

インストールする

6、フリータイプをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf freetype-2.7.1.tar.gz

Cd freetype-2.7.1

./configure -prefix = / usr / local / freetype -enable-shared

メイク

インストールする

7、インストールjpeg

Cd / usr / local / src

Tar zxvf jpegsrc.v9b.tar.gz

Cd jpeg-9b

./configure -prefix = / usr / local / jpeg -enable-shared

メイク

インストールする

8、libgdをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf libgd-2.1.1.tar.gz

Cd libgd-2.1.1

./configure -prefix = / usr / local / libgd -enable-shared -with-jpeg = / usr / local / jpeg -with-png = / usr / local / libpng -with-freetype = / usr / local / freetype – with-fontconfig = / usr / local / freetype -with-xpm = / usr / lib64 -with-tiff = / usr / local / tiff -with-vpx = / usr / local / libvpx

メイク

インストールする

注意:libgdがコンパイルに失敗した場合、最初にスキップしてシステムのデフォルトバージョン2.1.0を直接使用することができます。phpをコンパイルするときは、-with-gd = / usr / local / libgdパラメータを-with-gdに変更します。

9、t1libをインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf t1lib-5.1.2.tar.gz

Cd t1lib-5.1.2

./configure -prefix = / usr / local / t1lib -enable-shared

without_docを作る

インストールする

10、PHPをインストールする

注:システムが64ビットの場合、次の2つのコマンドを実行してください。そうしないとphpをインストールするとエラーが発生します。

\ cp -frp /usr/lib64/libltdl.so* / usr / lib /

\ cp -frp /usr/lib64/libXpm.so* / usr / lib /

10.1、php7.1.3をインストールする

Cd / usr / local / src

Tar -zvxf php-7.1.3.tar.gz

Cd php-7.1.3

エクスポートLD_LIBRARY_PATH = / usr / local / libgd / lib

./configure -prefix = / usr / local / php71 -with-config-file-path = / usr / local / php71 / etc -with-mysqli = / usr / local / mysql / bin / mysql_config -with-mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / lib64 -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-iconv -enable -libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native -ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

#compileを作る

make install #installを実行します。

注意:libgdのバージョンが正しくない場合、PHPコンパイル・パラメータ-with-gd = / usr / local / libgdを-with-gdに変更してください。

Cp php.ini-production /usr/local/php71/etc/php.ini#php設定ファイルをインストールディレクトリにコピーする

Rm -rf /etc/php.ini#システム独自の設定ファイルを削除する

Ln -s /usr/local/php71/etc/php.ini/etc/php.ini#/ etcディレクトリへのソフトリンクを追加します

Cp /usr/local/php71/etc/php-fpm.conf.default /usr/local/php71/etc/php-fpm.conf#php-fpm設定ファイルの#copyテンプレートファイル

Ln -s /usr/local/php71/etc/php-fpm.conf /etc/php-fpm.conf#/ etcディレクトリへのソフト接続を追加します

Vi /usr/local/php71/etc/php-fpm.conf #edit

Pid = run / php-fpm.pid#前のセミコロンを取り消す

Include = / usr / local / php71 / etc / php-fpm.d / *。conf

:wq!#保存終了

Cp /usr/local/php71/etc/php-fpm.d/www.conf.default /usr/local/php71/etc/php-fpm.d/www.conf

Vi /usr/local/php71/etc/php-fpm.d/www.conf #edit

User = www#php-fpmを設定してアカウントをwwwとして実行する

Group = www#php-fpm実行グループをwwwに設定する

聞く= 127.0.0.1:9000

:wq!#保存終了

起動するにはphp-fpmを設定してください

Cp /usr/local/src/php-7.1.3/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php71-fpm#スタートアップディレクトリにphp-fpmをコピーします。

Chmod + x /etc/rc.d/init.d/php71-fpm #Add Execute Permissions

chkconfig php71-fpm on#设定ブートブート

Vi /etc/rc.d/init.d/php71-fpm

接頭辞= / usr / local / php71

Php_fpm_BIN = $ {exec_prefix} / sbin / php71-fpm

:wq!#保存終了

Mv / usr / local / php71 / sbin / php-fpm / usr / local / php71 / sbin / php71-fpm

Vi /usr/local/php71/etc/php.ini#設定ファイルを編集

見つかった:disable_functions =

以下のように変更されます:disable_functions =パススルー、exec、システム、chroot、scandir、chgrp、chown、shell_exec、proc_open、proc_get_status、inio_alter、inio_alter、ini_restore、dl、openlog、syslog、readlink、symlink、popepassthru、stream_socket_server、escapeshellcmd、dll、popen 、disk_free_space、checkdnsrr、checkdnsrr、は、getservbyname、getservbyport、disk_total_space、posix_ctermid、posix_get_last_error、posix_getcwd、posix_getegid、posix_geteuid、posix_getgid、posix_getgrgid、posix_getgrnam、posix_getgroups、posix_getlogin、posix_getpgid、posix_getpgrp、posix_getpid、posix_getppid、posix_getpwnam、posix_getpwuid、posix_getrlimit、posix_getsid、posix_getuid 、posix_isatty、posix_kill、posix_mkfifo、posix_setegid、posix_setuid、posix_setgid、posix_setpgid、posix_setsid、posix_setuid、posix_strerror、posix_times、posix_ttyname、posix_uname

#PHPが無効にできる関数を列挙してください。いくつかのプログラムでこの関数を使う必要があれば、それを削除して取り消すことができます。

見つかった:; date.timezone =

変更日時:date.timezone = PRC#タイムゾーンの設定

見つかった:expose_php =オン

変更:expose_php =オフ#PHPバージョン情報の表示を無効にする

見つかった:short_open_tag =オフ

変更された:short_open_tag = ON#PHPショートタグをサポートする

opcache.enable = 0を検索

opcache.enable = 1に変更#php opcodeキャッシュをサポート

検索:; opcache.enable_cli = 1 #phpsupports opcode cache

次のように変更されました:opcache.enable_cli = 0

最後の行に追加する:zend_extension = opcache.so#opcodeキャッシングを有効にする

:wq!#保存終了

10.2、php7.0.17をインストール

注:システムが64ビットの場合は、次のコマンドを実行してください。そうしないとPHPをインストールするとエラーが発生します。

\ cp -frp /usr/lib64/libltdl.so* / usr / lib /

\ cp -frp /usr/lib64/libXpm.so* / usr / lib /

Cd / usr / local / src

Tar -zvxf php-7.0.17.tar.gz

Cd php-7.0.17

エクスポートLD_LIBRARY_PATH = / usr / local / libgd / lib

./configure -prefix = / usr / local / php70 -with-config-file-path = / usr / local / php70 / etc -with-mysqli = / usr / local / mysql / bin / mysql_config -with-mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / lib64 -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-iconv -enable -libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native -ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

#compileを作る

make install #installを実行します。

注意:libgdのバージョンが正しくない場合、PHPコンパイル・パラメータ-with-gd = / usr / local / libgdを-with-gdに変更してください。

Cp php.ini-production /usr/local/php70/etc/php.ini#php設定ファイルをインストールディレクトリにコピーします。

#rm -rf /etc/php.ini#システム独自の設定ファイルを削除する

#ln -s /usr/local/php70/etc/php.ini/etc/php.ini#/ etcディレクトリへのソフトリンクを追加します

Cp /usr/local/php70/etc/php-fpm.conf.default /usr/local/php70/etc/php-fpm.conf#php-fpm設定ファイルの#copyテンプレートファイル

#ln -s /usr/local/php70/etc/php-fpm.conf /etc/php-fpm.conf#/ etcディレクトリへのソフト接続を追加します

Vi /usr/local/php70/etc/php-fpm.conf #edit

Pid = run / php-fpm.pid#前のセミコロンを取り消す

Include = / usr / local / php70 / etc / php-fpm.d / *。conf

:wq!#保存終了

Cp /usr/local/php70/etc/php-fpm.d/www.conf.default /usr/local/php70/etc/php-fpm.d/www.conf

Vi /usr/local/php70/etc/php-fpm.d/www.conf #edit

User = www#php-fpmを設定してアカウントをwwwとして実行する

Group = www#php-fpm実行グループをwwwに設定する

聞く= 127.0.0.1:9001

:wq!#保存終了

起動するにはphp-fpmを設定してください

Cp /usr/local/src/php-7.0.17/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php70-fpm#スタートアップディレクトリにphp-fpmをコピーします。

Chmod + x /etc/rc.d/init.d/php70-fpm #Add Execute Permissions

Chkconfig php70-fpm on#设定ブートブート

Vi /etc/rc.d/init.d/php70-fpm

接頭辞= / usr / local / php70

php_fpm_BIN = $ {exec_prefix} / sbin / php70-fpm

:wq!#保存終了

Mv / usr / local / php70 / sbin / php-fpm / usr / local / php70 / sbin / php70-fpm

Vi /usr/local/php70/etc/php.ini#設定ファイルを編集

見つかった:disable_functions =

以下のように変更されます:disable_functions =パススルー、exec、システム、chroot、scandir、chgrp、chown、shell_exec、proc_open、proc_get_status、inio_alter、inio_alter、ini_restore、dl、openlog、syslog、readlink、symlink、popepassthru、stream_socket_server、escapeshellcmd、dll、popen 、disk_free_space、checkdnsrr、checkdnsrr、は、getservbyname、getservbyport、disk_total_space、posix_ctermid、posix_get_last_error、posix_getcwd、posix_getegid、posix_geteuid、posix_getgid、posix_getgrgid、posix_getgrnam、posix_getgroups、posix_getlogin、posix_getpgid、posix_getpgrp、posix_getpid、posix_getppid、posix_getpwnam、posix_getpwuid、posix_getrlimit、posix_getsid、posix_getuid 、posix_isatty、posix_kill、posix_mkfifo、posix_setegid、posix_setuid、posix_setgid、posix_setpgid、posix_setsid、posix_setuid、posix_strerror、posix_times、posix_ttyname、posix_uname

#PHPが無効にできる関数を列挙してください。いくつかのプログラムでこの関数を使う必要があれば、それを削除して取り消すことができます。

見つかった:; date.timezone =

変更日時:date.timezone = PRC#タイムゾーンの設定

見つかった:expose_php =オン

変更:expose_php =オフ#PHPバージョン情報の表示を無効にする

見つかった:short_open_tag =オフ

変更された:short_open_tag = ON#PHPショートタグをサポートする

opcache.enable = 0を検索

opcache.enable = 1に変更#php opcodeキャッシュをサポート

検索:; opcache.enable_cli = 1 #phpsupports opcode cache

次のように変更されました:opcache.enable_cli = 0

最後の行に追加する:zend_extension = opcache.so#opcodeキャッシングを有効にする

:wq!#保存終了

10.3、php5.6.30をインストール

注意:システムが64ビットの場合は、次の2つのコマンドを実行してください。そうでない場合、phpのインストールにエラーが発生します(32ビットシステムは実行する必要はありません)

\ cp -frp /usr/lib64/libltdl.so* / usr / lib /

\ cp -frp /usr/lib64/libXpm.so* / usr / lib /

Cd / usr / local / src

Tar -zvxf php-5.6.30.tar.gz

Cd php-5.6.30

エクスポートLD_LIBRARY_PATH = / usr / local / libgd / lib

./configure -prefix = / usr / local / php56 -with-config-file-path = / usr / local / php56 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql_sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / lib64 -with-vpx-dir = / usr / local / Usr / local / libvpx / -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-t1lib = / usr / local / t1lib -with-iconv -enable-libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-pear -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

#compileを作る

make install #installを実行します。

エラーをコンパイルすると、一度クリーンアップしてコンパイルすることができます

クリーンな#cleanupを作成する

#compileを作る

Cp php.ini-production /usr/local/php56/etc/php.ini#php設定ファイルをインストールディレクトリにコピーします。

#rm -rf /etc/php.ini#システム独自の設定ファイルを削除する

#ln -s /usr/local/php56/etc/php.ini/etc/php.ini#/ etcディレクトリへのソフトリンクを追加します

Cp /usr/local/php56/etc/php-fpm.conf.default /usr/local/php56/etc/php-fpm.conf#php-fpm設定ファイルの#copyテンプレートファイル

#ln -s /usr/local/php56/etc/php-fpm.conf /etc/php-fpm.conf#/ etcディレクトリへのソフト接続を追加します

Vi /usr/local/php56/etc/php-fpm.conf #edit

User = www#php-fpmを設定してアカウントをwwwとして実行する

Group = www#php-fpm実行グループをwwwに設定する

Pid = run / php-fpm.pid#前のセミコロンを取り消す

聞く= 127.0.0.1:9002

:wq!#保存終了

起動するにはphp-fpmを設定してください

Cp /usr/local/src/php-5.6.30/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php56-fpm#スタートアップディレクトリにphp-fpmをコピーします。

Chmod + x /etc/rc.d/init.d/php56-fpm #Add Execute Permissions

Chkconfig php56-fpm on#set boot

Vi /etc/rc.d/init.d/php56-fpm

接頭辞= / usr / local / php56

Php_fpm_BIN = $ {exec_prefix} / sbin / php56-fpm

:wq!#保存終了

Mv / usr / local / php56 / sbin / php-fpm / usr / local / php56 / sbin / php56-fpm

Vi /usr/local/php56/etc/php.ini#設定ファイルを編集

見つかった:disable_functions =

以下のように変更されます:disable_functions =パススルー、exec、システム、chroot、scandir、chgrp、chown、shell_exec、proc_open、proc_get_status、inio_alter、inio_alter、ini_restore、dl、openlog、syslog、readlink、symlink、popepassthru、stream_socket_server、escapeshellcmd、dll、popen 、disk_free_space、checkdnsrr、checkdnsrr、は、getservbyname、getservbyport、disk_total_space、posix_ctermid、posix_get_last_error、posix_getcwd、posix_getegid、posix_geteuid、posix_getgid、posix_getgrgid、posix_getgrnam、posix_getgroups、posix_getlogin、posix_getpgid、posix_getpgrp、posix_getpid、posix_getppid、posix_getpwnam、posix_getpwuid、posix_getrlimit、posix_getsid、posix_getuid 、posix_isatty、posix_kill、posix_mkfifo、posix_setegid、posix_setuid、posix_setgid、posix_setpgid、posix_setsid、posix_setuid、posix_strerror、posix_times、posix_ttyname、posix_uname

#PHPが無効にできる関数を列挙してください。いくつかのプログラムでこの関数を使う必要があれば、それを削除して取り消すことができます。

見つかった:; date.timezone =

変更日時:date.timezone = PRC#タイムゾーンの設定

見つかった:expose_php =オン

変更:expose_php =オフ#PHPバージョン情報の表示を無効にする

見つかった:short_open_tag =オフ

変更された:short_open_tag = ON#PHPショートタグをサポートする

opcache.enable = 0を検索

opcache.enable = 1に変更#php opcodeキャッシュをサポート

検索:; opcache.enable_cli = 1 #phpsupports opcode cache

次のように変更されました:opcache.enable_cli = 0

最後の行に追加する:zend_extension = opcache.so#opcodeキャッシングを有効にする

:wq!#保存終了

10.4、php5.5.38をインストールする

注意:システムが64ビットの場合は、次の2つのコマンドを実行してください。そうでない場合、phpのインストールにエラーが発生します(32ビットシステムは実行する必要はありません)

\ cp -frp /usr/lib64/libltdl.so* / usr / lib /

\ cp -frp /usr/lib64/libXpm.so* / usr / lib /

Cd / usr / local / src

Tar -zvxf php-5.5.38.tar.gz

Cd php-5.5.38

エクスポートLD_LIBRARY_PATH = / usr / local / libgd / lib

./configure -prefix = / usr / local / php55 -with-config-file-path = / usr / local / php55 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql_sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / Usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / -with-vpx-dir = / usr / local / libvpx / -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-t1lib = / usr / local / t1lib -with-iconv -enable-libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop – イネーブル-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets – With-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

#compileを作る

make install #installを実行します。

Cp php.ini-production /usr/local/php55/etc/php.ini#php設定ファイルをインストールディレクトリにコピーします。

#rm -rf /etc/php.ini#システム独自の設定ファイルを削除する

#ln -s /usr/local/php55/etc/php.ini/etc/php.ini#/ etcディレクトリへのソフトリンクを追加します

Cp /usr/local/php55/etc/php-fpm.conf.default /usr/local/php55/etc/php-fpm.conf#php-fpm設定ファイルの#copyテンプレートファイル

#ln -s /usr/local/php/etc/php-fpm.conf /etc/php-fpm.conf#/ etcディレクトリへのソフト接続を追加します

Vi /usr/local/php55/etc/php-fpm.conf #edit

User = www#php-fpmを設定してアカウントをwwwとして実行する

Group = www#php-fpm実行グループをwwwに設定する

Pid = run / php-fpm.pid#前のセミコロンを取り消す

聞く= 127.0.0.1:9003

:wq!#保存終了

起動するにはphp-fpmを設定してください

Cp /usr/local/src/php-5.5.38/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php55-fpm#スタートアップディレクトリにphp-fpmをコピーします。

Chmod + x /etc/rc.d/init.d/php55-fpm #Add Execute Permissions

Chkconfig php55-fpm on#设定ブートブート

Vi /etc/rc.d/init.d/php55-fpm

接頭辞= / usr / local / php55

php_fpm_BIN = $ {exec_prefix} / sbin / php55-fpm

:wq!#保存終了

Mv / usr / local / php55 / sbin / php-fpm / usr / local / php55 / sbin / php55-fpm

Vi /usr/local/php55/etc/php.ini#設定ファイルを編集

見つかった:disable_functions =

以下のように変更されます:disable_functions =パススルー、exec、システム、chroot、scandir、chgrp、chown、shell_exec、proc_open、proc_get_status、inio_alter、inio_alter、ini_restore、dl、openlog、syslog、readlink、symlink、popepassthru、stream_socket_server、escapeshellcmd、dll、popen 、disk_free_space、checkdnsrr、checkdnsrr、は、getservbyname、getservbyport、disk_total_space、posix_ctermid、posix_get_last_error、posix_getcwd、posix_getegid、posix_geteuid、posix_getgid、posix_getgrgid、posix_getgrnam、posix_getgroups、posix_getlogin、posix_getpgid、posix_getpgrp、posix_getpid、posix_getppid、posix_getpwnam、posix_getpwuid、posix_getrlimit、posix_getsid、posix_getuid 、posix_isatty、posix_kill、posix_mkfifo、posix_setegid、posix_setuid、posix_setgid、posix_setpgid、posix_setsid、posix_setuid、posix_strerror、posix_times、posix_ttyname、posix_uname

#PHPが無効にできる関数を列挙してください。いくつかのプログラムでこの関数を使う必要があれば、それを削除して取り消すことができます。

見つかった:; date.timezone =

変更日時:date.timezone = PRC#タイムゾーンの設定

見つかった:expose_php =オン

変更:expose_php =オフ#PHPバージョン情報の表示を無効にする

見つかった:short_open_tag =オフ

変更された:short_open_tag = ON#PHPショートタグをサポートする

opcache.enable = 0を検索

opcache.enable = 1に変更#php opcodeキャッシュをサポート

見つかった:opcache.enable_cli = 1 #php opcodeキャッシュをサポートする

次のように変更されました:opcache.enable_cli = 0

最後の行に追加する:zend_extension = opcache.so#opcodeキャッシングを有効にする

:wq!#保存終了

10.5、php5.4.45をインストールする

Cd / usr / local / src

Tar -zvxf php-5.4.45.tar.gz

Cd php-5.4.45

Mkdir -p / usr / local / php54#PHPインストールディレクトリを作成する

./configure -prefix = / usr / local / php54 -with-config-file-path = / usr / local / php54 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli =共有-with-mysql -sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / -with-vpx-dir = / usr / local / libvpx / -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-t1lib = / usr / local / t1lib -with-iconv -enable-libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-インライン最適化-curlwrappers -enable- Mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -without-pear – 使用可能なgettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

#compileを作る

make install #installを実行します。

Cp php.ini-production /usr/local/php54/etc/php.ini#php設定ファイルをインストールディレクトリにコピーします。

#rm -rf /etc/php.ini#システム独自の設定ファイルを削除する

#ln -s /usr/local/php54/etc/php.ini/etc/php.ini#ソフトリンクを追加する

Cp /usr/local/php54/etc/php-fpm.conf.default /usr/local/php54/etc/php-fpm.conf#php-fpm設定ファイルの#copyテンプレートファイル

Vi /usr/local/php54/etc/php-fpm.conf#编辑

User = www#php-fpmを設定してアカウントをwwwとして実行する

Group = www#php-fpm実行グループをwwwに設定する

Pid = run / php-fpm.pid#前のセミコロンを取り消す

聞く= 127.0.0.1:9004

:wq!#保存終了

起動するにはphp-fpmを設定してください

Cp /usr/local/src/php-5.4.45/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php54-fpm#スタートアップディレクトリにphp-fpmをコピーします。

Chmod + x /etc/rc.d/init.d/php54-fpm #Add Execute Permissions

Chkconfig php54-fpm on#设定ブートブート

Vi /etc/rc.d/init.d/php54-fpm

接頭辞= / usr / local / php54

php_fpm_BIN = $ {exec_prefix} / sbin / php54-fpm

:wq!#保存終了

Mv / usr / local / php54 / sbin / php-fpm / usr / local / php54 / sbin / php54-fpm

Vi /usr/local/php54/etc/php.ini#設定ファイルを編集

見つかった:disable_functions =

以下のように変更されます:disable_functions =パススルー、exec、システム、chroot、scandir、chgrp、chown、shell_exec、proc_open、proc_get_status、inio_alter、inio_alter、ini_restore、dl、openlog、syslog、readlink、symlink、popepassthru、stream_socket_server、escapeshellcmd、dll、popen 、disk_free_space、checkdnsrr、checkdnsrr、は、getservbyname、getservbyport、disk_total_space、posix_ctermid、posix_get_last_error、posix_getcwd、posix_getegid、posix_geteuid、posix_getgid、posix_getgrgid、posix_getgrnam、posix_getgroups、posix_getlogin、posix_getpgid、posix_getpgrp、posix_getpid、posix_getppid、posix_getpwnam、posix_getpwuid、posix_getrlimit、posix_getsid、posix_getuid 、posix_isatty、posix_kill、posix_mkfifo、posix_setegid、posix_setuid、posix_setgid、posix_setpgid、posix_setsid、posix_setuid、posix_strerror、posix_times、posix_ttyname、posix_uname

#PHPが無効にできる関数を列挙してください。いくつかのプログラムでこの関数を使う必要があれば、それを削除して取り消すことができます。

システムの操作とメンテナンスwww.osyunwei.comウォームリマインダ:qihang01オリジナルコンテンツの著作権、再現、ソースと元のリンクを明記してください

見つかった:; date.timezone =

変更日時:date.timezone = PRC#タイムゾーンの設定

見つかった:expose_php =オン

変更:expose_php = OFF#PHPバージョン情報の表示を無効にする

見つかった:short_open_tag =オフ

変更された:short_open_tag = ON#PHPショートタグをサポートする

#编译PHP mysqli extension

Cd /usr/local/src/php-5.4.45/ext/mysqli

/ usr / local / php54 / bin / phpize

./configure -with-php-config = / usr / local / php54 / bin / php-config -with-mysqli = / usr / local / mysql / bin / mysql_config

メイク

インストールする

Vi /usr/local/php54/etc/php.ini

拡張子= mysqli.so

:wq!#保存終了

10.6、php5.3.29をインストールする

Cd / usr / local / src

Tar zxvf gd-2.0.35.tar.gz

Cd gd-2.0.35

./configure -enable-m4_pattern_allow -prefix = / usr / local / gd -with-jpeg = / usr / lib -with-png = / usr / lib -with-xpm = / usr / lib -with-freetype = / usr / lib -with-fontconfig = / usr / lib

#compileを作る

make install #installを実行します。

Cd / usr / local / src

Tar -zvxf php-5.3.29.tar.gz

Cd php-5.3.29

./configure -prefix = / usr / local / php53 -with-config-file-path = / usr / local / php53 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / gd -with-png-dir = / Usr / lib -with-jpeg-dir = / usr / lib -with-freetype-dir = / usr / lib -with-iconv -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -enable-xml -enable-magic -quotes -enable-safe-mode -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-インライン最適化-curlwrappers -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd -native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable -ctype -with-mysqli =共有-enable-mysqlnd

#compileを作る

make install #installを実行します。

Cp php.ini-production /usr/local/php53/etc/php.ini#php設定ファイルをインストールディレクトリにコピーする

#rm -rf /etc/php.ini#システム独自の設定ファイルを削除する

#ln -s /usr/local/php53/etc/php.ini/etc/php.ini#ソフトリンクを追加する

Cp /usr/local/php53/etc/php-fpm.conf.default /usr/local/php53/etc/php-fpm.conf#php-fpm設定ファイルの#copyテンプレートファイル

Vi /usr/local/php53/etc/php-fpm.conf #edit

User = www#php-fpmを設定してアカウントをwwwとして実行する

Group = www#php-fpm実行グループをwwwに設定する

Pid = run / php-fpm.pid#前のセミコロンを取り消す

聞く= 127.0.0.1:9005

:wq!#保存終了

起動するにはphp-fpmを設定してください

Cp /usr/local/src/php-5.3.29/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php53-fpm#スタートアップディレクトリにphp-fpmをコピーします。

Chmod + x /etc/rc.d/init.d/php53-fpm #Add Execute Permissions

Chkconfig php53-fpm on#设定ブートブート

Vi /etc/rc.d/init.d/php53-fpm

接頭辞= / usr / local / php53

Php_fpm_BIN = $ {exec_prefix} / sbin / php53-fpm

:wq!#保存終了

Mv / usr / local / php53 / sbin / php-fpm / usr / local / php53 / sbin / php53-fpm

サービスphp53-fpm start #start

Vi /usr/local/php53/etc/php.ini#設定ファイルを編集

見つかった:disable_functions =

以下のように変更されます:disable_functions =パススルー、exec、システム、chroot、scandir、chgrp、chown、shell_exec、proc_open、proc_get_status、inio_alter、inio_alter、ini_restore、dl、openlog、syslog、readlink、symlink、popepassthru、stream_socket_server、escapeshellcmd、dll、popen 、disk_free_space、checkdnsrr、checkdnsrr、は、getservbyname、getservbyport、disk_total_space、posix_ctermid、posix_get_last_error、posix_getcwd、posix_getegid、posix_geteuid、posix_getgid、posix_getgrgid、posix_getgrnam、posix_getgroups、posix_getlogin、posix_getpgid、posix_getpgrp、posix_getpid、posix_getppid、posix_getpwnam、posix_getpwuid、posix_getrlimit、posix_getsid、posix_getuid 、posix_isatty、posix_kill、posix_mkfifo、posix_setegid、posix_setuid、posix_setgid、posix_setpgid、posix_setsid、posix_setuid、posix_strerror、posix_times、posix_ttyname、posix_uname

#PHPが無効にできる関数を列挙してください。いくつかのプログラムでこの関数を使用する必要がある場合は、それらを削除して取り消すことができます。

見つかった:; date.timezone =

変更日時:date.timezone = PRC#タイムゾーンの設定

見つかった:expose_php =オン

変更:expose_php = OFF#PHPバージョン情報の表示を無効にする

見つかった:short_open_tag =オフ

変更された:short_open_tag = ON#PHPショートタグをサポートする

Vi /usr/local/php53/etc/php.ini#最後にmysqli拡張子を追加する

Extension = "/ usr / local / php53 / lib / php / extensions / no-debug-non-zts-20090626 / mysqli.so"

:wq!#保存終了

10.7、php5.2.17をインストール

#编辑gd2.0.35、前のステップがコンパイルされている場合は、それを無視してください。

Cd / usr / local / src

Tar zxvf gd-2.0.35.tar.gz

Cd gd-2.0.35

./configure -enable-m4_pattern_allow -prefix = / usr / local / gd -with-jpeg = / usr / lib -with-png = / usr / lib -with-xpm = / usr / lib -with-freetype = / usr / lib -with-fontconfig = / usr / lib

#compileを作る

make install #installを実行します。

Cd / usr / local / src

Tar zxvf php-5.2.17.tar.gz

Gunzip php-5.2.17-fpm-0.5.14.diff.gz

パッチ-d php-5.2.17 -p1 <php-5.2.17-fpm-0.5.14.diff #postパッチをPHPソースに貼り付けます。

Curl -o php-5.2.17.patch https://mail.gnome.org/archives/xml/2012-August/txtbgxGXAvz4N.txt

Cd php-5.2.17

パッチ-p0 -b <../ php-5.2.17.patch

./configure -prefix = / usr / local / php52 -with-config-file-path = / usr / local / php52 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / gd -with-freetype-dir = / / usr / local / jpeg -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-iconv -with-zlib -enable-xml -enable-discard-path – イネーブルマジッククォート – イネーブルセーフモード – イネーブル – bcmath – イネーブル – shmop – イネーブル – sysvsem – イネーブル – インライン最適化 – カールラッパー – イネーブル – mbregex – イネーブル – fastcgi – イネーブル – fpm – イネーブル – Cgi-redirect -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-pear -with- Gettext-mime-magic -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -with-mysqli = shared

メイク

インストールする

Cp /usr/local/src/php-5.2.17/php.ini-dist /usr/local/php52/etc/php.ini#php設定ファイルをインストールディレクトリにコピーします。

#rm -rf /etc/php.ini#デフォルト設定ファイルを削除する

#ln -s /usr/local/php52/etc/php.ini/etc/php.ini#システムのデフォルトの場所へのリンクを作成する

Vi /usr/local/php52/etc/php-fpm.conf

<value name = "listen_address"> 127.0.0.1:9006 </ value>

<value name = "user"> www </ value>#コメントを削除し、ユーザーをwwwに変更します

<value name = "group"> www </ value>#コメントを削除し、ユーザーグループをwwwに変更します

:wq!保存して終了

起動するにはphp-fpmを設定してください

Cp / usr / local / php52 / sbin / php-fpm /etc/rc.d/init.d/php52-fpm

Mv / usr / local / php52 / sbin / php-fpm / usr / local / php52 / sbin / php52-fpm

Vi /etc/rc.d/init.d/php52-fpm

#!/ bin / bashの下に2行追加する

#chkconfig:345 62 62

#記述:php-fpm

php_fpm_BIN = / usr / local / php52 / bin / php-cgi

php_fpm_CONF = / usr / local / php52 / etc / php-fpm.conf

php_fpm_PID = / usr / local / php52 / logs / php-fpm.pid

:wq!保存して終了

chmod 775 /etc/rc.d/init.d/php52-fpm#ファイル実行許可を与える

chkconfig php52-fpm on#设定ブートブート

/ usr / local / php52 / sbin / php52-fpm start

サービスphp52-fpm start

Vi /usr/local/php52/etc/php.ini#最後にmysqli拡張子を追加する

Extension = "/ usr / local / php52 / lib / php / extensions / no-debug-non-zts-20060613 / mysqli.so"

:wq!#保存終了

nginxのサポートphpの設定

Vi /usr/local/nginx/conf/nginx.conf

/usr/local/nginx/conf/nginx.conf設定ファイルを変更し、次のように変更します。

ユーザwww、#首行ユーザはコメントを削除し、Nginxランタイムグループをwww wwwに変更します。/usr/local/php/etc/php-fpm.confのグループ設定と同じでなければなりません。

Index index.html index.htm index.php;#addindex.php

#127.0.0.1:9000でリッスンするFastCGIサーバーにPHPスクリプトを渡す

場所〜\ .php $ {

ルートHTML;

Fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;

Fastcgi_index index.php;

Fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $ document_root $ fastcgi_script_name;

fastcgi_paramsを含めます。

}

#FastCGIサーバー部分の場所のコメントを取り消し、fastcgi_param行のパラメーターに注意し、$ document_root $ fastcgi_script_nameに変更するか、絶対パスを使用します

/etc/init.d/nginx restart#nginxを再起動する

サービスphp71-fpm start #start php71-fpm

説明:

Fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;ポート番号を使用して、PHPのバージョンを変更する必要があるPHPのバージョンを対応するポートと区別します。

9000に対応するphpのバージョンはphp7.1.3です

9001に対応するphpのバージョンはphp7.0.17です

対応する9002のphpのバージョンはphp5.6.30です

対応する9003のphpバージョンはphp5.5.38です

対応する9004のphpバージョンはphp5.4.45です

対応する9005のphpバージョンはphp5.3.29です

対応する9006のphpバージョンはphp5.2.17です

複数バージョンのPHP共存は次のように要約できます:

1、phpのインストールパスを計画する

/ usr / local / php52

/ usr / local / php53

/ usr / local / php54

/ usr / local / php55

/ usr / local / php56

/ usr / local / php70

/ usr / local / php71

2、phpパラメータのパスをコンパイルする

./configure -prefix = / usr / local / php71 -with-config-file-path = / usr / local / php71 / etc -with-mysqli = / usr / local / mysql / bin / mysql_config -with-mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / lib64 -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-iconv -enable -libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native -ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

./configure -prefix = / usr / local / php70 -with-config-file-path = / usr / local / php70 / etc -with-mysqli = / usr / local / mysql / bin / mysql_config -with-mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / lib64 -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-iconv -enable -libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native -ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

./configure -prefix = / usr / local / php56 -with-config-file-path = / usr / local / php56 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql_sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / lib64 -with-vpx-dir = / usr / local / Usr / local / libvpx / -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-t1lib = / usr / local / t1lib -with-iconv -enable-libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-pear -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

./configure -prefix = / usr / local / php55 -with-config-file-path = / usr / local / php55 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql_sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / libgd -with-png-dir = / Usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / -with-vpx-dir = / usr / local / libvpx / -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-t1lib = / usr / local / t1lib -with-iconv -enable-libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop – イネーブル-sysvsem -enable-inline-optimization -enable-opcache -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets – With-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

./configure -prefix = / usr / local / php54 -with-config-file-path = / usr / local / php54 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli =共有-with-mysql -sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-jpeg-dir = / usr / local / jpeg -with-freetype-dir = / usr / local / freetype -with-xpm-dir = / usr / -with-vpx-dir = / usr / local / libvpx / -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -with-t1lib = / usr / local / t1lib -with-iconv -enable-libxml -enable-xml -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-インライン最適化-curlwrappers -enable- Mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -without-pear – 使用可能なgettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -enable-mysqlnd

./configure -prefix = / usr / local / php53 -with-config-file-path = / usr / local / php53 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / gd -with-png-dir = / Usr / lib -with-jpeg-dir = / usr / lib -with-freetype-dir = / usr / lib -with-iconv -with-zlib-dir = / usr / local / zlib -enable-xml -enable-magic -quotes -enable-safe-mode -enable-bcmath -enable-shmop -enable-sysvsem -enable-インライン最適化-curlwrappers -enable-mbregex -enable-fpm -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd -native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-gettext -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable -ctype -with-mysqli =共有-enable-mysqlnd

./configure -prefix = / usr / local / php52 -with-config-file-path = / usr / local / php52 / etc -with-mysql = / usr / local / mysql -with-mysqli = / usr / local / mysql-sock = / tmp / mysql.sock -with-pdo-mysql = / usr / local / mysql -with-gd = / usr / local / gd -with-freetype-dir = / / usr / local / jpeg -with-png-dir = / usr / local / libpng -with-iconv -with-zlib -enable-xml -enable-discard-path – イネーブルマジッククォート – イネーブルセーフモード – イネーブル – bcmath – イネーブル – shmop – イネーブル – sysvsem – イネーブル – インライン最適化 – カールラッパー – イネーブル – mbregex – イネーブル – fastcgi – イネーブル – fpm – イネーブル – Cgi-redirect -enable-mbstring -enable-ftp -enable-gd-native-ttf -with-openssl -enable-pcntl -enable-sockets -with-xmlrpc -enable-zip -enable-soap -with-pear -with- Gettext-mime-magic -enable-session -with-mcrypt -with-curl -enable-ctype -with-mysqli = shared

3、PHPのブート設定

Cp /usr/local/src/php-7.1.3/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php71-fpm

Cp /usr/local/src/php-7.0.17/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/rc.d/init.d/php70-fpm

Vi /etc/rc.d/init.d/php71-fpm

接頭辞= / usr / local / php71

Php_fpm_BIN = $ {exec_prefix} / sbin / php71-fpm

Mv / usr / local / php71 / sbin / php-fpm / usr / local / php71 / sbin / php71-fpm

4、PHPのリスニングポートの設定

Vi /usr/local/php71/etc/php-fpm.d/www.conf

聞く= 127.0.0.1:9000

Vi /usr/local/php56/etc/php-fpm.conf

聞く= 127.0.0.1:9002

5、PHPと組み合わせたnginx

nginxサイトの設定ファイルを変更する

/usr/local/nginx/conf/nginx.conf

Fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;

以前のphp設定に従って、適切なポートを選択します。例えば、9001に対応するphpのバージョンはphp7.1です。

その後、このサイトのPHPバージョンはphp7.1です

Fastcgi_pass 127.0.0.1:9001;

以前のphp設定に従って、適切なポートを選択します。例えば、9001に対応するphpのバージョンはphp7.0です

その後、このサイトのPHPバージョンはphp7.0です

テスト記事

Cd / usr / local / nginx / html /#nginxのデフォルトWebサイトのルートディレクトリを入力

Rm -rf / usr / local / nginx / html / *#デフォルトのテストページを削除する

Vi index.php#新しいindex.phpファイル

<?php

Phpinfo();

?>

:wq!#保存終了

Chown www.www / usr / local / nginx / html / -R#ディレクトリの所有者を設定する

chmod 700 / usr / local / nginx / html / -R#ディレクトリのアクセス権を設定する

ブラウザでサーバーのIPアドレスを開くと、次のインターフェイスが表示されます。







追記:

CentOS 7.x + php 7.0 / 7.1の組み合わせは、コンパイルにシステム自身のGDライブラリを使用することをお勧めします。phpはデフォルトでmysqlドライバを削除し、mysqliとmysqlndドライバのみを削除します。

libgd-2.1.1でコンパイルするにはCentOS 7.x + php 5.5 / 5.6の組み合わせが推奨され、phpドライバにはmysql、mysqli、mysqlndが含まれています

CentOS 7.x + PHP 5.4の組み合わせは、システム独自のGDライブラリを使用してコンパイルすることをお勧めします。PHPドライバにはmysql、mysqli(読み込みが必要)、mysqlnd

CentOS 7.x + php 5.3の組み合わせは、gd-2.0.35でコンパイルすることをお勧めします。phpドライバにはmysql、mysqli(読み込みが必要)、mysqlnd

CentOS 7.x + php 5.2の組み合わせは、gd-2.0.35でコンパイルすることをお勧めします。phpドライバにはmysql、mysqli(読み込みが必要)

推奨:CentOS 7.xは、PHP 5.5 / 5.6と組み合わせるのが最適です。

追記:

それぞれの小さなバージョンのPHPのインストールプロセスは、PHP 7.1.2とPHP 7.1.3のインストールプロセスと同じですが、PHP 7.0.16とPHP 7.0.17のインストールプロセスは同じです。

AliクラウドのCentOS 7.xイメージには、デフォルトでAlibaba Cloud独自のイメージソースに変更されたyum.repos.dファイルが付属していますが、このソースにはいくつかの問題があります。多くのパッケージはyumにインストールできないため、次のphpコンパイルエラー、解決策は、CentOSの公式ソースとしてyumソースを置き換えることです。

アリクラウドのデフォルトのyumソース:

CentOSの公式ソース:

この時点で、CentOS 7.xはNginx1.10.3 + MySQL5.7.16 + PHP5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 7.0 7.1のマルチバージョン全周環境チュートリアルをコンパイルしてインストールします。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ