Ubuntu 14.04 > 101キーボード使用で苦戦 > mozcの設定を変更

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

東プレ REALFORCE (101keyboard)

TensorFlowの試用のためUbuntu 14.04をインストールした。

インストール直後の問題としては以下がある。

  • 無線LANドライバが入っていない
  • 解像度を1024 x 768より上げれない
  • キーボードレイアウトが英語キーボード(89)になっていない

    • 変更しても日本語キーボードレイアウトに戻る

キーボードレイアウト問題にトライした。

以下を試した。

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration 

一時的に101のレイアウトになったが、何故か数秒後には日本語キーボードのレイアウトに戻る。

その他の設定ファイル変更を試したが成功せず。

mozcという機能でレイアウトが決まっているようだ。

mozcの「入力メソッド」に以下を追加した。

  • キーボード 英語 (US)

入力メソッドを上記にすると101のレイアウトになる。ただし、日本語は入力できなくなる。

入力メソッドをmozcにすると、日本語は入力できる。ただし、101のレイアウトでなくなる。
mozcのレイアウトは「英語(US)」にしているが。。

codingに集中する限りは101レイアウトにして、日本語を使わないというのでもいい。

解決した

入力メソッドの順番を変更した。

  • キーボード -日本語
  • Mozc
  • キーボード – 英語(US)

上記の順番を以下にしたら、日本語入力と101レイアウトの両方が使えるようになった。
Ctrl+Spaceで両者を切り替えながら使う。

  • Mozc
  • キーボード – 英語(US)
  • キーボード -日本語

最後の「キーボード -日本語」は消してもいいのかもしれないがほっておく。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ