LPIC Level2(201&202)に1ヶ月で合格できる方法(実証済み)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

LPIC201に引き続き、LPIC202にも合格したので、試験を受けようと思っている人、勉強中の人に向けて流れとコツを伝えます。

ここに書いてあることを機械的に実施するだけで、合格できると思います。
内容を腑に落ちるまで理解する、といったややこしいプロセスは不要です。

(本質的にはそうした方が良いというのは承知の上で、試験合格にフォーカスしています)

さて、これから具体的に説明していきます。


index.png

試験概要

  • 90分で60問の問題
  • CBT形式でパソコンで実施
  • 受験場所は全国のPearsonVueテストセンター
  • 繰り返し問題は参照可能
  • 合格点は500/800点(約63%)程度
  • 回答方式は四者択一、五者択一、複数選択、記入式
  • 試験終了時に合否が分かる

一般的なCBT形式ですので、テストセンターで試験を受けたことがある人は
イメージしやすいと思います。

勉強方法

ここからは、LPIC201のページで書いたことは割愛し、プラスの部分だけ書いていきます。

学習方法ですが、主に2種類あると思っています。
①繰り返し試験問題集を実施し、パターンを体に染み込ませる。
②内容をひとつひとつ理解し、腹落ちさせる。

どちらが良いかは、みなさんの状況やタイプ、目的によって変わってきますが、
ある程度理解しつつも試験合格を最重要の目的に置く場合、①のほうがオススメかと思います。
②でやりたい方は、以下は読んでいただく必要はありません。以下、①の説明になります。

Ping-tで演習

スクリーンショット 2016-09-11 15.18.31.png

学習方法は、ひたすら「最強WEB問題集LPIC Lv2-202」のコンテンツをやります。
間違えた問題は解説を確認し、まずは全て「銀」にすることを目的にしましょう!
95%以上銀になったら、次はすべて「金」にすることを目指します。

1回20問として、ALL銀まで約50回。ALL金まで約100回を目安にしてください。
理解度や学習期間によって、多少ずれると思います。

1日20問×5回やる場合、このステップは20日でクリアできます。

すべて金にしたら、記述対策にコマ問を50問程度実施しましょう。
記述がからっきしNG、といった状況を避けるのが目的なので、50問程度でOKです。
これも1日でクリアできるでしょう。

スピードマスターで演習

sm.jpg

スピードマスター、これも必須です。

同じような問題・形式がかなり出ます。
全問題を3周しましょう。
結構ボリュームはありますが、2周目以降は、間違えた問題だけやれば良いので、
多少はスピードアップできます。

休日に集中して実施すれば、1周目は2日。2周目は1日。3周目は1日。
合計4日でクリアできると思います。

学習時のポイント

  • 100点を取る必要はありません。目的は合格ラインを越えることです。
  • ここに書いたことを機械的に実施するだけで、体が覚えます。
  • 体が覚えれば、同じ角度での主題には対応できます。そして試験はそのパターンが多数です。
  • すべての学習は計画的にやると、1ヶ月以内で完了します。遅延なく進めて効率的に資格取得しましょう。

試験申し込み

目標を立てた合格日の1ヶ月位前に申し込むと、エンドが確定するので良いでしょう。
PearsonVueで申し込みを行います。
https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/LPI.aspx)

試験コードが複数あるけどどうしたらいいの?

2016/09現在、201、202の試験は2種類あります。

  • 117-201 LPI Level 2 Exam 201
  • 117-202 LPI Level 2 Exam 202
  • 201-400 LPIC-2 Exam 201, Part 1 of 2, version 4.0
  • 202-400 LPIC-2 Exam 202, Part 2 of 2, version 4.0

試験選択画面には書いてありませんが、LPIのサイトには、202−400を選ぶように記載されていますので、
202−400を選びます。
(117−202には日本語がありません。。)

http://www.lpi.or.jp/news/information/lpic2.shtml

2016年 7月 1日に LPICレベル2 の日本語版の試験コード(Exam Code)が以下の
通り変更されました。出題範囲の変更はありません。

<旧> 117-201 → <新> 201-400
<旧> 117-202 → <新> 202-400

いよいよ受験当日

テストセンターで受験すると、パソコンで問題に回答し、試験後すぐに結果が表示されます。

今回は、
– 学習期間2ヶ月
– Ping-tは上で紹介した状態(ほぼ100%金)
– スピードマスター3週

で、90分中20分で解き終わりました。

結果は、
合格ライン:500点
取得点数:580点
でした。

試験時のポイント

  • 日本語が分かりづらい問題が少しありますが、「English」ボタンをおすと、英語での表示ができますので、そこで確認すると良いでしょう。
  • コマンド入力問題の場合、オプション有無は問題をよく読んで回答しましょう。
  • 複数選択問題の場合、いくつ選択するのか、問題文をよく読みましょう。

自分を信じてがんばってください!

また、LPIC以外にも、おすすめの資格をまとめていますので、参考にどうぞ!
新人・若手SEがとっておくべき資格 〜システム運用管理ver〜


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ