LPICレベル1技術解説無料セミナーに参加してきた

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

LPICレベル1技術解説無料セミナー

開催日時:2014/01/19(日) 13:30〜16:30

開催場所:AP浜松町

対象者:Linuxをこれから学習する人、体系的にLinuxを学習したい人。LPIC101ベース


所感

ひと通りLinuxは利用できるが、独学だったため、自分の実力を確認するため受講。

講師が「SSHとか知ってますかー?」とか聞いちゃうような初心者を対象にしたセミナー   

ちょっとしたコマンドオプションのTipsは得られたが、VMなどでLinuxを立ち上げたことがある人はほとんど聞く必要がないセミナーだった。

LPIC1ならばLinux未経験者でも80時間ほどの学習で取得できるらしい。

上位のLPICを取得前に一度受けておいても良いかもしれない。


LPICレベル1の難易度

1ヶ月程度の勉強で合格可能。

文系でPC初心者の人でも101,102それぞれ36時間程度ずつの勉強で合格できる。


LIPC(Linux技術者認定試験)の概要

Linux技術者の将来性

需要はあるが、技術者は少ない。

LPICとは

  • オープンソースであること
  • ベンダーに依存しないこと
  • 本質的、広範囲の問題

LPIC2,3に関しては試験範囲がだいぶ変更されるので注意すること。

101試験の出題範囲

  • システム・アーキテクチャ
  • Linuxのインストールとパッケージ管理
  • GNUとUnixのコマンド
  • デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

Linuxの構成、基本操作

演習環境

Windows上にVMwareでCentOS,Ubuntuの2つのOSを準備

CentOS:RedHat系

Ubuntu:Debian系

Linuxの大きな特徴

オープンソースのOS

Linuxディストリビューションの構成

本来はLinuxとはLinuxカーネルのこと。しかしOSとして機能するにはシェルやカーネルモジュールが必要。これらを全て含めてパッケージ化された「ディストリビューション」として提供される。

Linuxディストリビューションの種類

日本はRedHat系のディストリビューションが圧倒的に多い。官公庁はUbuntuなども多い。

RHELは有償だがバックエンドでサポートしてもらえるので利用が多い。

もし、スキルがあってサポートがいらないならばOSとしてまったくクローンのCentOSでよい。

Linuxの構成と101出題範囲

各対応は以下のとおり。広く浅くフォローされている。

主題101:ハードウェア 管理
主題102:ライブラリ・アプリケーション

主題103:コマンド・プロセス管理・データ入出力管理

主題104:ファイルシステム管理

カーネル・シェルの役割

カーネルはLinuxOSの中核となるプログラム。カーネルは機械語しか理解できないので、シェルでユーザーとカーネルを仲介する。

マルチユーザーシステム

Linuxは複数のユーザーで同時に利用することができる。SSHによるリモートログインが当初から念頭に置かれていた。

rootと一般ユーザー

rootはひとつのLinuxにひとつのみ。

ユーザーインターフェース

LinuxのUIはCUIのみで利用可能。ただし、GUIはマウス操作ができること、GUIのために100以上のアプリをインストールする必要があること、そのため、CUIのコマンド実行で操作することが多い。

ログインの実行(CUI)ランレベル3

ログインの実行(GUI)ランレベル5

ランレベルとは?

OSの起動レベル

0 停止

1 シングルユーザーモード(メンテモード)

2 マルチユーザーモード(CUIログイン、NFSなし)

3 マルチユーザーモード(CUIログイン)

5 マルチユーザーモード(GUIログイン)

6 再起動

変更コマンドは以下のとおり

$init 3
$telinit 3

ディレクトリとは

Windowsではフォルダといいますが、Linuxではディレクトリという

ROOTディレクトリ

ディレクトリツリーの頂点。 また、トップディレクトリにはhomevarなどがあり、それぞれの意味はLPICでも出題される。

  • homeは一般ユーザのディレクトリ
  • etcが設定ファイルの場所
    など

ホームディレクトリ

ユーザ毎に与えられるディレクトリで、ログイン直後のカレントディレクトリ。


101試験範囲よりポイント解説

コマンドプロンプト

管理者ユーザの場合はシャープが出る。

#

一般ユーザの場合はドルマークが出る。

$

コマンドの基本構文

  • 半角英数字
  • コマンド、オプション、引数の間は半角スペースで空ける
  • 大文字小文字を区別する
  • 入力の最後にエンターを押す
  • オプションにはハイフンをつける

基本コマンド

~...は基本中の基本なので、しっかり覚えておくこと。

rootでログイン、lpicユーザーが存在した場合、~lpicだと/home/lpicを表す。~/lpicは /root/lpicになるので注意する。

マニュアルの参照

manコマンドでマニュアルを見ることができる。試験的には1章、5章、8章をよく読んでおくこと。

passwdなどはコマンドもファイルも存在する。ファイルのマニュアルを参照したい場合はman 5 passwdと入力すると良い。


ディレクトリの配置

/tmpは一時的ファイル保管のディレクトリ。全てのユーザが読み書きできる。

/procはメモリの中にある仮想ファイルを表示している。

パスの概念

ファイルやディレクトリへたどり着く経路をパスという。

絶対パスは/から開始される。LPICの問題では記述問題もあるので、/を忘れないようにしておくこと。
相対パスはカレントディレクトリを起点としたパス。

基本的なコマンド(2)

mkdirコマンドで親ディレクトリもまとめて作成したい場合はmkdir -p parerent/tagret-pオプションを指定する。

基本的なコマンド(3)

cpコマンドの説明。

基本的なコマンド(4)

mvは名前変更という使い方もできる。

ファイル閲覧コマンド

cat, less, head,tailなど。

head,tailのデフォルトは10行。-fコマンドを利用することでリアルタイム表示をすることができる。


viの使い方

一般的な使い方なので割愛。ただ、viの使用方法についてもLPICの試験に出るので覚えること。

プロセスとは

コマンドやプログラムファイルを実行すると、プログラムがメモリに読み込まれ、プロセスにはID(PID)がつき、システム内で識別される。

サーバ機能を担う常駐型のプログラムは「デーモン」と呼ばれる。

プロセス監視コマンド

psコマンド。システム全体のプロセスを監視する際は他のユーザが実行したプロセスも監視する必要があるため、auxなどのオプションを必ずつける。

オプションを利用することが前提のため、オプションもハイフンを利用せずに利用できる。

プロセスはinitプロセスが最初に起動されるため、pstreeを確認すると必ずPID=1でinitプロセスが起動している。

プロセスの終了

killコマンド。3つのシグナル指定の仕方がある。 デフォルトは正常終了。

-KILLオプションは必ず大文字で。

パッケージ管理

パッケージ管理の出題数は多い。重要度がRedHat系で3、Debian系で3なのでパッケージ管理全体で6問出題される。

Debian系とRedHat系でコマンドが異なるので、どのパッケージ管理コマンドがどちらのパッケージ管理か覚えておくこと。

Redhat系

yumコマンドはupdate, searchなどのサブコマンドをしっかりと覚えておくこと。

rpmコマンドのアップデートでは、-Fvhのほうが運用上ベター。インストールされていないものを新規でインストールするのは不具合が発生する可能性があるため。

Debian系

同じサブコマンドでも異なる意味が利用されるので、気をつけること。

dpkgコマンドはアンインストールの方法が2種類ある。

-rは設定ファイルを残して削除、-Pは設定ファイルを含めて全て削除する。

ややこしいので試験に出やすい!


LPI-Japanホームページから無料でDLできる教科書

アンケート回答とメールアドレスの登録でどれも無料で読める。

Linux標準教科書

Linuxサーバー構築標準教科書

高信頼システム構築標準教科書

Linuxセキュリティ標準教科書


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ