フレーム学習シリーズmybatis第三のmybatisエントリープログラムプロジェクトの構築

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

このセクションの主な内容

1:mybatisエントリープログラムプロジェクトの建設

2:コードの実装

3:要約と次の発表

この記事では、 "Ke Geはあなたが一連のフレームを学習するmybatisフレームワークの学習を学ぶ"の第3のmybatisエントリープログラムの構築です。

免責事項:この記事はオリジナルのKaigeです。 ソースを明記してください

One:mybatisエントリープログラムプロジェクトの建設

1.1:要件

既存のユーザー表、ユーザー表の追加、削除、および変更

1:ユーザーIDに基づいてユーザー情報を照会する

2:ユーザ名に基づくファジークエリユーザリスト

3:ユーザーを追加する

4:ユーザーを削除する(自分で練習する)

5:ユーザーを変更する(あなた自身で行う)

1.2:環境整備

Jdk:1.7

井出:日食

Mybatis:3.2.7

データベース:mysql 5x

1.3:mybatisのダウンロード

mybatisのコードはgithub.comによって管理されています。 ダウンロードアドレス:https://github.com/mybatis/mybatis-3/releases

次のようにダウンロードした後:

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

1.4:データベーススクリプト作成:

1.4.1:データベースにユーザテーブルを作成する:

CREATE TABLE `user`(

`id` int(11)NOT NULL AUTO_INCREMENT、

`username` varchar(32)NOT NULL COMMENT 'username'、

`birthday` date DEFAULT NULL COMMENT 'Birthday'、

`sex` char(1)DEFAULT NULLコメント 'gender'、

`address` varchar(256)DEFAULT NULLコメント 'アドレス'、

PRIMARY KEY( `id`)

)ENGINE = InnoDB AUTO_INCREMENT = 27 DEFAULT CHARSET = utf8;

1.4.2:テストデータの初期化:

`user“(` id`、 `username`、` birth“、 `sex`、` address`)の値(1、 'Wang Wu'、NULL、 '2'、NULL)、(10、 'Zhang San '、' 2014-07-10 '、' 1 '、' Beijing ')、(16、' Zhang Xiaoming '、NULL、' 1 '、' Henan Zhengzhou ')、(22、' Chen Xiaoming '、NULL、' 1 '、'河南省鄭州 ')、(26、'河南省鄭州 ')、(24、' Zhang Sanfeng '、NULL、' 1 '、' Henan Zhengzhou '王5 '、NULL、NULL、NULL);

スクリプトを実行します。

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

実行後、データベースを表示します。

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

クエリを実行します。

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

1.5:エンジニアリング工事

1.5.1:依存するjar

Mybatisハーモニーパッケージと依存パッケージ

MySQLのドライバパッケージ

Junit(必須ではない、テスト用)

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

2つ:コード実装:

2.1:ユーザオブジェクト用のpojoクラスを作成する:

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

2.2:グローバル構成ファイルの作成

configディレクトリに、sqlMapConfig.xmlファイルを作成します。 (名前は固定されていません)

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

フレームワーク学習シリーズmybatis mybatisエントリプログラムエンジニアリングプロジェクトの3番目の記事の構築

特定のコード:

<?xml version = "1.0" encoding = "UTF-8"?>

<!DOCTYPEの設定

PUBLIC " – // mybatis.org//DTD Config 3.0 // EN"

"http://mybatis.org/dtd/mybatis-3-config.dtd">

<構成>

<! – mybatis環境情報を設定します。これはspringと統合されています。この情報はspring – >

<environments default = "development">

<environment id = "development">

<! – mybatisによって管理されるJDBCトランザクション制御のコンフィグレーション – >

<transactionManager type = "JDBC"> </ transactionManager>

<! – mybatis接続プールを使用したデータソースの設定 – >

<dataSource type = "POOLED">

<property name = "driver" value = "com.mysql.jdbc.Driver" />

<プロパティ名= "url" value = "jdbc:mysql:// localhost:3306 / mybatis?characterEncoding = utf-8 '' />

<property name = "username" value = "root" />

<property name = "password" value = "123456" />

</ dataSource>

</ environment>

</ environments>

</ configuration>

3つ:要約と次のセクションの通知

このセクションでは、mybatisフレームワークをプロジェクトに統合するために必要なjbファイルをダウンロードする方法を知っています。

次のセクションの注意事項:要件に応じて、ユーザーIDに基づいてユーザー情報のクエリを実装します。 次の記事 "mybatis four mybatis starter program development 1"へようこそ


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ