エンジニアリングの変更 – ECN、ECO、ECR、ECA

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

エンジニアリングチェンジは、企業活動の重要なコントロール項目の1つであり、実装の時期と目的に応じて、コントロールの内訳は次のとおりです。

DCN:設計変更通知、設計変更通知

ECN(エンジニアリング変更通知)エンジニアリング変更通知

これは、通常、新製品の開発プロセスにおけるエンジニアリングの変更に使用されます。エンジニアリング部門は、変更を発行し、関連するユニットに通知します。

ECO(Engineering Change Order)エンジニアリング変更命令:

通常、新製品の開発完了後のエンジニアリングの変更に使用され、エンジニアリング部門が必要な変更を確認した後、インベントリおよび作業中の作業が適切に処理されることを保証するために文書が関連ユニットに送信され、製造部門と原材料部門は合意し、必要な措置を講じる必要があります。通常、ECOは広い範囲と長いリードタイムを必要とするため、厳格なシステム管理が必要です。

ECR(Engineering Change Request)エンジニアリング変更アプリケーション:

通常、新製品の完成後に使用される非工学単位は、自分の必要に応じて工学変更要求を発行し、工学単位に提出し、工学単位が合意すればECOが発行され、単位が合意されます。

ECA(エンジニアリング変更権限)エンジニアリング変更権限:

時には、エンジニアリングの変更がお客様の許可を得なければならない場合があります。現在、ECAは、ECOの基礎としてお客様にサインバックを要求する必要があります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ