時計を使ってコマンドを繰り返す方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

監視コマンド

ウォッチは非常に便利なコマンドですが、基本的にはすべてのLinuxディストリビューションにこのガジェットが付いています。名前のようにウォッチはコマンドの実行結果を監視し、手動で繰り返し実行することを防ぎます。 Linuxでは、定期的に次のプログラムを実行し、結果をフルスクリーンで表示します。 あなたは、すべてのコマンドの結果の変更を監視するために使用することができます。例えば、ログファイルをテールしたり、ファイルのサイズを監視したり、あなたの想像力を見たりすることができます。

1。 コマンド形式:

ウォッチ[パラメータ] [コマンド]

2。 コマンド機能:

コマンドの出力は、標準出力デバイスに出力することができます。標準出力デバイスは、主にコマンド/時間実行コマンドを定期的に実行するために使用されます。

3。 コマンドパラメータ:

-nまたは-interval watchデフォルトでは、プログラムは2秒ごとに実行されます。-nまたは-intervalを使用してインターバル時間を指定できます。
-dまたは-differences時計は、変更された領域を-dまたは-differencesオプションで強調表示します。 -d = cumulativeオプションは、(最近の変更に関係なく)変更された場所を強調表示します。
-tまたは-no-titleは、間隔、コマンド、および現在の時刻出力の最上部にあるwatchコマンドをオフにします。
-h、-helpヘルプドキュメントを表示する

はじめに

出力の変化を追跡するコマンドを常に実行する必要があることがあります。 これを行うために無限ループを書くかもしれません:


while :
do
clear
commands
sleep 1
done

しかし、実際にはこれを行うことができるLinuxの監視コマンドがあります。 指定したプログラムを定期的に実行し、結果を全画面で出力します。

時計の使用は非常にシンプルで、必要なだけです

監視コマンド

それで、watchコマンドは2秒ごとにコマンドを実行し、結果をフルスクリーンで出力します。

上記の図からわかるように、最初の行の2.0秒ごとに:時計が2秒ごとにコマンドを実行することを意味します。 次の日付は実行されるコマンドです。 次にT520:Thu May 10 16:55:23 2018は、コマンドを実行するホスト名と時刻です。

以下では、2行目から開始すると、コマンドが実行される時間です。

-n INTERVALを使用すると、コマンドの繰り返し実行間隔を設定することもできます。たとえば、5秒ごとにdateコマンドを実行するように調整できます。


watch -n 5 date

それだけでなく、-dオプションを指定すると、watchは出力の異なる部分を2回ハイライトすることもできます。この機能は非常に便利です。


watch -d -n 1 date

出力の変更を強調表示することに加えて、-g / -chgexitオプションを使用して、時計が変更を検出したときに時計を終了するように設定することもできます。


watch -g free

デフォルトでは、watchはコマンドの実行結果が成功したかどうかは気にしません。

しかし、コマンドがゼロ以外の値を返したときに、watchコマンドがビープ音(-b / -beep)の戻り値を検出するか、直接終了する(-e / -errexit)ようにすることができます。


watch -e wrong_commands

最後に、最初の行に情報を表示するのではなく、コマンドの実行結果のみを表示する場合は、-tオプションを使用してタイトルの表示をオフにすることができます。


watch -t date

要約

上記の内容はすべてこの記事の内容ですが、この記事の内容には皆さんの研究や仕事の参考となる価値があることを願っております。ご不明な点がございましたら、メッセージを残してください。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ