AndroidコントロールAppWidgetProviderの詳細なメソッドの使用

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

紹介する

AppWidgetProviderは、デスクトップガジェットを実装するためにAndroidによって提供されるクラスです。その本質はブロードキャスト、つまりBroadcastReceiverです。実際の使用では、AppWidgetProviderはBroadcastReceiverと見なすことができます。

1.ウィジェットのAppWidget基本設定情報のファイル定義を提供する

リソースフォルダのresディレクトリに新しいxmlフォルダを作成し、app_widget_provider_info.xmlファイルを次の場所に追加します。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!-小控件宽高->
<!-android:minWidth="40dp"->
<!-android:minHeight="40dp"->
<!-更新时间->
<!-android:updatePeriodMillis="86400000"->
<!-用于指定预览图片。即搜索到widget时,查看到的图片。若没有设置的话,系统为指定一张默认图片。->
<!-android:previewImage="@drawable/widget_flashlight"->
<!-widget 添加到手机主屏幕中的layout->
<!-android:initialLayout="@layout/flash_light_widget"->
<!-android:resizeMode : widget可以被拉伸的方向。horizontal表示可以水平拉伸,vertical表示可以竖直拉伸->
<!-android:resizeMode="horizontal|vertical"->
<appwidget-provider xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:minWidth="40dp"
android:minHeight="40dp"
android:updatePeriodMillis="86400000"
android:previewImage="@drawable/ic_launcher"
android:initialLayout="@layout/widget_layout"
android:resizeMode="horizontal|vertical">
</appwidget-provider>

2. AppWidgetProviderから継承したWidgetProviderを作成します。


public class MyAppWidgetProvider extends AppWidgetProvider {
//没接收一次广播消息就调用一次,使用频繁 
public void onReceive(Context context, Intent intent) {
super.onReceive(context, intent);
}
//每次更新都调用一次该方法,使用频繁 
public void onUpdate(Context context, AppWidgetManager appWidgetManager,
int[] appWidgetIds) {
super.onUpdate(context, appWidgetManager, appWidgetIds);
}
//没删除一个就调用一次 
public void onDeleted(Context context, int[] appWidgetIds) {
super.onDeleted(context, appWidgetIds);
}
//当该Widget第一次添加到桌面是调用该方法,可添加多次但只第一次调用 
public void onEnabled(Context context) {
super.onEnabled(context);
}
//当最后一个该Widget删除是调用该方法,注意是最后一个 
public void onDisabled(Context context) {
super.onDisabled(context);
}
}

3. WidgetProvider用のレイアウトファイルを作成します。

共通レイアウトとしてのレイアウト


<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:layout_width="64dp"
android:layout_height="64dp"
>
<ImageButton
android:id="@+id/widget_led"
android:layout_margin="2dp"
android:background="@drawable/widget_led"
android:src="@drawable/ic_launcher"
android:scaleType="center"
android:layout_width="64.0dip"
android:layout_height="64.0dip" />
</RelativeLayout>

4. Manifest.xmlの登録

メタデータノードの名前は固定フォーマットであり、リソースは第1ステップで定義された構成情報であり、インテントフィルターノードの第3アクションが提供されなければならない。


<receiver android:name=".jf.jfclean.widget.FlashLightWidget">
<intent-filter>
<action android:name="action_led_on" />
<action android:name="action_led_off" />
<action android:name="android.appwidget.action.APPWIDGET_UPDATE" />
</intent-filter>
<meta-data
android:name="android.appwidget.provider"
android:resource="@xml/flash_light_widget_info" />
</receiver>

5. PendingIntentとRemoteViewsを使用してリスナーをAppWidgetにバインドし、RemoteViewsを使用してMyAppWidgetProviderのonUpdate()メソッドでリスナーをBottonにバインドします。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ