Androidのカスタム実装方法の例を表示する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

まず、自己塗装制御

以下では、ユーザーのクリックイベントに応答し、クリックされた回数を自動的に記録するカウンタービューをカスタマイズする予定です。 Viewから継承した新しいCounterViewを作成すると、コードは次のようになります。

ご覧のとおり、まずCounterViewのコンストラクタでデータを初期化し、View自体のclickイベントを登録して、CounterViewをクリックするとonClick()メソッドが呼び出されるようにしました。 onClick()メソッドのロジックははるかに簡単です。mCountカウンタに1を加え、invalidate()メソッドを呼び出します。 Androidビューの状態と再描画プロセスの分析を通じて、View(3)を理解するための手順を順を追って説明します。わかっているように、invalidate()メソッドを呼び出すとビューが再描画されるため、onDraw()メソッドは後になります。呼び出されます。

このように、カスタムビューは既に完成しています。カウンタービューには現在、自動カウント機能が備わっています。 残りの問題は、このビューをインターフェイス上に表示させる方法です。実際、これは非常に簡単です。カウンタービューは通常のコントロールと同じように使用する必要があります。 たとえば、次のコードをレイアウトファイルに追加します。

CounterViewをRelativeLayoutに配置し、counterViewの幅と高さをlayout_widthとlayout_heightで指定し、android:layout_centerInParentでレイアウトに指定するなど、CounterViewのさまざまなプロパティを指定することができます。真ん中に表示されます。 カスタムビューは、使用時にフルパッケージ名で記述する必要があります。そうしないと、システムはビューを見つけることができません。

要約

上記は、Xiaobianによって導入されたAndroidのカスタムビューの実装方法の詳細な説明です、私は誰も助けることを願って、あなたはメッセージを残してください、Xiaobianは時間内にあなたに返信してください。 スクリプトホームサイトのご支援ありがとうございました!


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ