Matplotlib savefigはイメージサイズのインスタンスを保存します

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

matplotlibを使用して描画する場合、凡例が大きい場合は、その線がブロックされ、次の文を使用して凡例を図面の外に描画できます。


plt.legend(bbox_to_anchor=(1.01, 1), loc=2, borderaxespad=0., handleheight=1.675) 

このステートメントは、凡例の行を隠す問題を解決すると同時に、別の問題を引き起こします。つまり、savefigがイメージを保存すると、イメージを完全に保存することができず、凡例が不完全になります。

その理由は、出力の「ピクチャ」(凡例を含まない)がキャンバスの真ん中にあり、出力時に「ピクチャ」と凡例が一緒に出力され、「ピクチャ」のみが中央に配置されるため、凡例は占有することができるキャンバスの端ですので、グラフの出力は不完全です。

この問題を解決するには、次の文を使用して「地図」を左にズームして凡例のためのスペースを確保します。


fig.subplots_adjust(right=0.7) 

さらに、イメージサイズを設定するには、次のステートメントを使用します。


fig.set_size_inches(6.4, 4) 

上記のmatplotlib savefigの例では、イメージサイズを保存するために、Xiaobianが共有するコンテンツ全体を参照しています。スクリプトハウスをサポートできることを願っています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
      この投稿は審査処理中  | 元のサイトへ