アルゴリズム

97/97ページ

最適化アルゴリズムを評価するベンチマーク関数まとめ

更新履歴 最適解と探索範囲を追記しました。 2016/11/29 fimbulさん 編集リクエストありがとうございました。修正しました。 2017/7/10 tomochiiiさん 編集リクエストありがとうございました。Easom functionを引用元の数式に修正、Schaffer function N. 2とN. 4の数式の修正 この投稿はアルゴリズム Advent Calendar 2015 9日目になります。 はじめまして!と […]

多クラスロジスティック回帰のIRLSバッチ処理アルゴリズム

はじめに  この記事ではPRML4.3.4に記載されている多クラスロジスティック回帰のIRLSバッチ処理アルゴリズムを紹介します.PRML本文にはBishop and Nabney(2008)にアルゴリズムの詳細があると書いてありますがどうも見当たらないので実際に導出,実装してみました.ただし実装してみたものの自分のプログラミング能力の低さから?挙動が安定しないのコードは載せていません. 準備  まずは数学的な準備から始めます.詳細はP […]

【バグ発見のコツ】二分探索でバグ発生個所を特定する

あるプログラムを実行した時、その結果が想定外の値を返してきたら・・・。 あなたは、どうやってプログラムに潜んだバグを見つけ出しますか? IDE(統合開発環境)使っている場合 ブレークポイントを張ってデバッグモードで起動する。 たいていのIDEはデバッグモードが備わっているので、1行ずつ丁寧に実行して、変数の中身を確認していけば、どこかでエラーになっている個所が見つかる(はず)。 テキストエディタで開発している場合 printデバッグする […]

SFC版風来のシレンの乱数生成アルゴリズムの話 考察編

この記事は続編です。 前回の記事で、SFC版風来のシレンのROMデータの解析内容を元に乱数がどのようにして生成されているかを解説しています。そちらを読んでからこの記事を読んでいただくと、より内容を理解しやすいかと思います。 前回の記事:SFC版風来のシレンの乱数生成アルゴリズムの話 解析編 SFC版風来のシレンの乱数の品質を調べる さて前回の記事でSFC版風来のシレンの乱数生成アルゴリズムが線形帰還シフトレジスタの一種であることが分かり […]

SFC版風来のシレンの乱数生成アルゴリズムの話 解析編

SFC版風来のシレンの乱数について 私はローグライクゲーム好きなのでローグライク系ゲームの動画をニコニコ動画等でたまに見たりします。中でも、SFC版の初代風来のシレンはもう20年以上も前のゲームですが、完成されたゲームシステムと絶妙なゲームバランスにより、今なお根強い人気があります。 さて、そのSFC版風来のシレンの動画を見ていると、たまにゲーム上で「連続して攻撃を外す」「同じアイテムばかり出る」といった偏った現象が発生した時に「シレン […]

機械学習の情報を手法を中心にざっくり整理

概要 自分用のメモとして、機械学習に関する情報を浅く ( それなりに ) 広くをモットーに、ざっくり整理してみました。 少しでも、他の方の理解に役立ったら嬉しいです。 機械学習とは コンピュータプログラムが経験によって自動的に出力結果を改善していく仕組み。 手法 機械学習の代表的な手法について記載します。 1.教師あり学習  2.教師なし学習 3.強化学習 に分けて記載しました。 ※概要説明は一例です。 1.教師あり学習 1-1.線形回 […]

高速な素数判定の前処理(すべてがFになる)

はじめに アニメ「すべてがFになる」を見て「すべてがFになる(計算機工学版)」を作ったが、これを使って 高速な素数判定の前処理が可能です。ハードウェア向きのアルゴリズムですが、ソフトウェアでも高速化できるかも。 最近はFPGAつきのCPUがあるので、役に立つことがあると思ったので、投稿します。 素数判定の前処理の論文もあったようです。 2016年7月11日追記 証明については2014年度から高校の数学Aの整数の性質で学ぶ合同式を使えば簡 […]

1 97