bot

1/15ページ

初心者に捧げる対話システムの作り方

はじめに こんにちは。Hironsanです。 3月から4月にかけてLine, Facebook, Microsoftと各社がBot開発用プラットフォームを発表して以来、爆発的な数のBotが登場しています。実にFacebook Messengerだけに限っても2016年7月時点で1万1000超のBotが稼働しています。 しかし、これらのBotのほとんどは単純な一問一答型のシステムであり、対話システムと言えるものではありません。これでは徐々 […]

Watson ConversationのTutorialを日本語でやってみた (前編)

はじめに Watson Conversation(以下、Conversation)はIBM Watsonで自動応答を実現する対話アプリケーションプラットフォームであり、サービス提供終了が発表されたWatson Dialogの後継にあたります。豊富なGUIにより初心者でもすばやくかんたんに応答システムを作成することができることが特徴です。 すでにWatson Developer CloudにはConversationのチュートリアルが用意 […]

Watson ConversationのTutorialを日本語でやってみた (後編)

はじめに(前編のおさらい) 本記事は、Watson ConversationのTutorialを日本語でやってみた (前編)に続く後編です。前回に引き続き、Watson Conversation(以下、Conversation)のチュートリアルの題材である自動車チュートリアルを日本語で実施していきます。 前回では、まずチュートリアルに先立ち、Conversationの3要素、目的を示すintent, それを補足するキーワードのentit […]

名刺から情報を抽出するSlackBotを作る

はじめに 今までやってきたことを組み合わせてSlackにコメント付きで名刺画像をアップロードすると、名刺情報をkintoneに登録するようにしてみましょう。APIを使うためにPythonを用いて作ることにします。 前回記事はこちら: Vision APIとNatural Language APIを組み合わせて名刺から情報抽出する これから作るアプリ 以下のように名刺画像をSlackにアップロードするとBotが情報を抽出してkintone […]

Microsoftの自然言語分類技術を本気で検証してみた。〈Microsoft Cognitive ToolkitでのChatBot実装〉

はじめに MicrosoftのDeep Learningツール(Cognitive Toolkit)を使った自然言語分類技術を、機会あって本気で実装したので共有しようと思います。 今回のテーマは自然言語分類技術としていますが、もう少し具体的にいうと 自然言語の質問文に一問一答形式で回答するチャットボット です。「チャットボット」という言葉でも少しイメージが広くなってしまうので、今回は「ヘルプデスクの代替として使う問合せチャットボット」に […]

slackのBotkitとkintoneを使って、クリスマスプレゼントを選んでみた

kintone Advent Calendar 2016 の24日目の記事です。 今夜はクリスマスイヴということで、クリスマスプレゼントを何にするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 私は、優柔不断なので全然選べません・・・orz そんな悩める方におくるslack kintone 連携を考えてみました。 理想形 理想形は、まず適当にピックアップしたいくつかの商品をkintoneにいれておきます。 slackで「プレゼントを決める」 […]

ボット開発者のための機械学習入門

はじめに 2016年はボットが注目を集めた1年でした。また、機械学習関連の技術進歩がめざましく、次々と新たな可能性が見えてきた年でもありました。 この記事を開いたあなたはきっと「機械学習を使ったボットを開発したい」と思っていることでしょう。 「でも何をどうしたらいいか分からない」 この記事はそんな読者を想定しています。 機械学習の使いどころ・使い方 機械学習の使いどころには大きく分けて2つあると思います。 一つは「ユーザとボットのやりと […]

機械学習を使って作る対話システム

はじめに 最近はチャットボットが何かと流行っています。このような機械と自然言語で対話するシステムというのは昔から多くの人に期待されていました。 今回はそんな期待に応えるべく?機械学習を使って対話システムを作ってみました。 作成物の概要 今回作成したのは対話を通じてレストラン検索を行うシステムです。イメージとしては以下のような対話を行います。”U”とついているのがユーザ発話、”S”がシステム […]

文章をお嬢様風やギャル風の話し方に変換する期待のdocomo産APIを使ってみた

はじめに 近年チャットツールの普及、AI、機械学習の発達によって、 チャットボットが加速度的に増えてきています。 私も流行りに乗ってナレッジベースから情報を参照してくれるチャットボットを作ってみたりしました。 しかし、普通にチャットボットを作ると文面が非常にお堅い感じになってしまいます。 これでは機械に話しかけているようで非常に冷たいです。 チャットボットにはもう少し人に寄り添った話し方をして欲しいものです。 おそらくチャットボットを作 […]

1 15