Groovy

1/14ページ

Robolectric に対応したプロジェクトを作る

今更ながら、この記事の通りに、Robolectric に対応したプロジェクトを作る手順をまとめておきます。 Robolectric の役割 Android は、標準のフレームワークにテストフレームワークも含んでいます。 JUnit3 をベースとして、モジュールのテストや画面のテストの為のフレームワークが提供されています。 一方、実行環境の制約から、Android エミュレータや端末上での実行が要求されます。テストの実行のためにエミュレー […]

AndroidStudio0.6.1とGroovy2.4-beta-1で、とりあえずGroovyでAndroidアプリを作ってみた。

はじめに すでにAndrodStudioとGroovyでAndroidアプリを作る投稿はいくつかありますが(2014年6月17日時点で)、先日Groovy2.4-beta-1がリリースされ、以前よりちょっと簡単に開発を始められるようになったことを確認したので、それを簡単にまとめました。 あくまで暫定版です。 バージョンアップ・正式リリースで書き方が大きく変わる可能性が高いです。公式の最新版の情報を確認してください。 もっと良い書き方、お […]

slf4j+logbackの設定でlogback.groovyが使えました

Javaでのコードでslf4j+logbackをロガーとして採用する際、Groovyで設定を書きたくてlogback.groovyを作ったのですが、そこに指定したログファイルにログが書き出されない現象に遭遇しました。 logback.groovyが設定ファイルであることを明示しました 画面にはログが表示されるので、ファイルに書き出されない理由は設定にあると思い込んでいたのですが、JVM引数としてlogback.groovyが設定ファイル […]

言語・ライブラリごとのリストやマップ用の便利メソッド使い方比較メモ

each() とか map() とか、リストやマップを操作する便利メソッドについて、言語ごとにどう書くかのメモ。 対象は、自分がよく使う Java(8 以上), Groovy, JavaScript(Underscore.js, jQuery) だけ。 リストの各要素を順次処理する Java import java.util.Arrays; ... Arrays.asList(1, 2, 3, 4).forEach(System.out […]

[Swift] Swiftのoptional valueの便利さ /「?」と「!」でより堅牢なコードへ

この記事ではSwiftのoptional valueの挙動と、利用することのメリット、具体的な利用シーンについてまとめてみました。 基本的な挙動について まず?と!の挙動についてまとめてみます。 実際にどのようなケース利用するかの使い分けや、使うことのメリットについては次の章で説明します。 挙動の説明を見て、わかりづらいなと思ったら、この章は流し読みして次章の「具体的な利用シーン」とこの章を交互にみるとわかりやすいかもしれません。 op […]

maven + GebでE2Eテスト自動化を始める by IntelliJ IDEA

maven + GebでE2Eテスト自動化を始める by IntelliJ IDEA このページに関して GebでE2Eテスト自動化したい!と思ったものの、GradleとEclipseのサンプルが多かったので IntelliJ IDEAとmaven使って始めるサンプルのメモとして記録しておきます。 サンプルとして、GebでGoogleのトップページにアクセスして情報を取得してみます。 環境 OS:Windows 7 IDE:Intell […]

Java8 vs C# vs Scala vs Groovy vs Ruby(コレクション編)

Java8, C#, Scala, Groovy, Rubyの比較記事です。 コレクションAPIについてあの言語のあの書き方は、この言語ではこう書く的なものです。 それぞれ覚えたけど使わないとすぐ忘れるので、まとめておきます。 冗長な書き方とそのシンタックスシュガーもなるべく記述しときます。 (それぞれメソッドを網羅しよう+Swiftも書こうと思ってたけど、想像以上に時間がかかったので気が向いたら追記します) リスト 作成 Java8 […]

Spring for Apache HadoopのHbaseTemplateをGroovy DSLで設定する

JavaでHBaseを操作したい時hbase-clientライブラリを直接利用してもよいのですが、Spring for Apache HadoopのHbaseTemplateクラスを利用するとコネクションやHTableの管理をよろしくやってくれるので便利です。 Spring for Apache Hadoopの公式ドキュメントに設定方法が記載されています。 http://docs.spring.io/spring-hadoop/docs […]

GroovyのMOP

はじめに Groovyのすべてのクラスは暗黙的にgroovy.lang.GroovyObjectインタフェースを実装していて、GroovyObjectインタフェースにはMOP用のメソッドが定義されてます。 実装も、とてもシンプルです。 invokeMothod set/getProperty set/getMetaClass →groovy.lang.MetaClass imprements MetaObject かいてみる mop.g […]

1 14