Gunicorn

1/2ページ

herokuにFlaskアプリをデプロイする

heroku: すごく簡単に使えるPaaS 以前にAWSのEC2にデプロイしたDeep Learning アプリを herokuにデプロイしてみる。 EC2はIaaSのため、ミドルウェアのインストールや設定など色々と必要だったが、PaaSのHerokuなら同じことがterminalに数行でできちゃう。 準備:herokuの登録とツールのインストール 1.公式ページで登録する 2.CLIツールをインストール mac $ brew inst […]

centos7にtensorflowとdlibで作られたflaskアプリを動くように構築する

タイトルにあるようにceontos7.1上にtensorflowを用いたflaskアプリが動く環境を構築します。 はじめにこちらの記事のようにconohaでcentos7.1の環境を立ち上げているものとします。 アプリの構成 python, flask, anaconda, tensorflow, dlib, opencv を使っています。 アプリの構成は以下のようになっています。 . ├── evaluation.py # 画像の判定 […]

AWSにDjangoアプリケーションをデプロイ(Nginx, gunicorn, postgresql)

デプロイ時に詰まりどころがいくつかあったのでとりあえずHTTPSで動くところまで 1. AWSインスタンスを作成 EC2インスタンスを作成。 セキュリティグループを追加して22, 80, 443ポートが開いているのを確認。 下画像のようになっていればたぶん大丈夫。 取得した鍵(*.pemてやつ)を使って $ ssh -i 取得した鍵 インスタンスのパブリックドメイン or ipアドレス でインスタンスにssh接続する。毎回コマンド打って […]

gunicorn(>=19.2)ではmax_requestsと一緒にmax_requests_jitterも使おう

max_requestsとは何か? gunicornのmax_requestsパラメータを指定すると、各ワーカープロセスが max_requests 回数分リクエストを捌くとプロセスを自動再起動してくれるようになります。 これによってメモリリークを回避し、サーバーのリソース逼迫を防ぐことができます。 max_requestsだけだとどんな問題があるか? gunicornでは各ワーカープロセスにほぼ均等にリクエストが割り振られるため、全ワ […]

Fabricでgunicornのデーモン化ができなかったアレ

経緯 Djangoでアプリを作っていてfabricとcuisineを使って環境構築をコード化していたんですが、どうにもgunicornがうまくデーモン化されません。 デーモン化のオプションを外すと実行はされるので、設定が間違ってるとかではないと思います。 動かなくて困ってるコマンド puts(green('Starting gunicorn process...')) with cd(project_root_path): run('g […]

Python+FalconでWebAPI

PythonでちょっとしたWebAPIをやろうとしたら…… まさにちょうどいい記事が公開されてました。 Python – Falconで光速のWeb APIサーバーを構築する – Qiita Falcon – The minimalist Python WSGI framework falconry/falcon この記事ではsimple_serverを使ったやり方で書かれていましたが、ここでは推奨の […]

redashからHiveのData Sourceを作ってもTest Connectionが失敗する

表題の件、調べた結果をメモしておく。 環境 * Amazon Linux AMI release 2016.09 * Redash Version: 0.12.0.b2449 背景 EC2上にRedashをインストールしてみたが、Data SourceにTreasureDataを設定したところPrestoは正常に動作するが、HiveがTest Connectionでこける事象が発生した。 調査 Test Connectionが失敗したと […]

ノンプログラミングで機械学習サービスが作りたい! WebAPI編

今回の内容 ノンプログラミングで機械学習サービスが作りたい! テキスト分類編の第2弾です。機械学習の分類結果をWebAPIから利用できるようにします。 この段階になるとさすがにノンプログラミングというわけにはいかず、早くもタイトル詐欺くさくなってきましたが、60行ちょっとのコードですので読み解くのは難しくないと思います。 ソースはhttps://github.com/shuukei-imas-cg/imas_cg_words で公開して […]