LSTM

1/6ページ

キャプション生成モデルに対して fooling image を作成した

元論文 Deep neural networks are easily fooled High confidence predictions for unrecognizable images DNN の中身を知るために,人間には理解できないが 99% 以上の confidence で DNN に分類させる画像を生成したという内容. 例えば以下のようになるようだ. (論文から引用) この fooling image を generati […]

NSynth と LSTM で作曲に挑戦してみた

NSynthとは  アートや音楽を機械学習で作り出す事を目指す「Magenta」プロジェクトは、そのソースコードがGitHubで公開されています。「Magenta」はリカレントニューラルネットワークを利用して音楽を学習し、学習済みのモデルから新しい音楽を生み出そうとしているようです。「Magenta」の入力形式はMIDIファイルであり、通常のCD音源では学習することができません。しかしながら「Magenta」レポジトリの中にひっそりと置 […]

LSTMとEncoderDecoderを利用した異常値検知

はじめに この記事はHakusan mafia Advent Calendar 2017の11日目の記事です。 こんにちは、misogyといいます。普段は機械学習を中心に勉強していて, アルバイトでDNNを組んだり, 研究の手伝いでもDNN組んだりしています。 さて今回はDNNを利用した異常値検知について論文とともに紹介できればと思います。 動機 なぜ異常値検知なんてするの?という話は他の記事に譲ります。 異常検知と変化検知のまとめ 数 […]

RNNを用いたコード進行自動生成

【追加】生成結果をweb上で再生出来るようにした。 Chord progressor 作曲する時によく悩むコード進行を自動で作ってくれればいいなと思い作ってみた。 Chord progressor コード進行自動生成について 勉強中の機械学習・深層学習でとりあえず何か作りたいと思い,考えたのがコード進行自動生成だったけどとっくの昔にすでに行われてた。 ディープラーニングで曲のコード進行を生成するウェブサービスを作りました そのままたくさ […]

100行のScalaコードでScalaっぽいコードを生成すっからー

初心覚えていますか? Scala書いてますかっ。 バリバリ書いている皆様方におかれましては、布教活動に勤しむこともありましょう。しかし、えてして初心者の頃の気持ちというものは忘れがちなものです。慣れ親しむにつれ、初心者が何につまづきやすいか、分からなくなってしまうのですね。 ということで、実際に私が教えることになった初心者のコードを見てみましょう。 Scalaはおろかプログラミングの知識もゼロ、英単語すら知らない状態だったので、とりあえ […]

わかるLSTM ~ 最近の動向と共に

Machine Learning Advent Calendar 2015 第14日です。去年のAdvent Calendarで味をしめたので今年も書きました。質問、指摘等歓迎です。 この記事の目的  ここ2~3年のDeep Learningブームに合わせて、リカレントニューラルネットワークの一種であるLong short-term memory(LSTM)の存在感が増してきています。LSTMは現在Google Voiceの基盤技術をは […]

深層学習で自動作曲(Stacked LSTM編) [DW 6日目]

 0. ざっくりいうと Stacked LSTMをChainerで書いた それを使って自動作曲してみた こうなった → 再生 (注意!すぐに音声が流れます) 1. LSTMとは 以下を参照。 Understanding LSTM Networks LSTMネットワークの概要 わかるLSTM ~ 最近の動向と共に Recurrent Neural Networks 【深層学習】再帰ニューラルネットワークに関する良ページまとめ [DW 5日 […]

KerasのLSTM model.predictを解読した話

概要 KerasやTensorflowを使用してニューラルネットワークの重みを計算したものの、それをどうやって実アプリケーション(iPhoneアプリとか、Androidアプリとか、Javascriptとか)に使えば良いのかって、意外と難しい。 単純なニューラルネットワークとなれば、単純で良いのだが、今回LSTMで学習した重みを使用する必要があったので、KerasのLSTMのPredictの内容を解読した。 学習済みの重みはmodel.g […]

KerasでLSTM AutoEncoderを実装する

1.はじめに この記事はKerasのLSTMのフィードフォワードをnumpyで実装するの続きみたいなものです. KerasでLSTM AutoEncoderを実装し,得られた特徴量から2値分類を試します. データは,周波数の異なる2つのsin波を生成し,それを識別します. 2.環境 Python 3.6.1 :: Anaconda 4.4.0 (64-bit) Keras 2.0.5 (backend : tensorflow) 3.デ […]

1 6