YOLOv2

1/2ページ

YoloV2独自学習データ+Movidius Neural Compute Stick+Raspberry Pi による複数動体検知環境の構築

I wrote it in English in the comment section. ◆はじめに Intel Movidius Neural Compute Stick + tinyYoloV2 + Raspberry Pi の環境で独自データセットを使用した複数動体検知にトライする。 学習データの生成にあたっては現実的な学習時間に収めるため、リッチなGPUを搭載した端末がRaspberry Piとは別に必須。 参考までに、Xeo […]

ご注文はYOLOですか!?(Windows10でYOLOを学習して動かすまで)

追記項目 2017.11.25 — inflated_image.pyを使用する際にフォルダの名前を書き換える必要があったので、追記しました。 はじめに  WindowsでYOLOを使う記事がいくつかあったのですが、自分なりにまとめておきたいと思ったのとQiitaに書く練習がてら記事として書いてみました。  題材としては、2017/11/11に公開された「ご注文はうさぎですか!?」を題材として使ってみることにしました(映画の […]

Yolo が遅延するのでプロファイラーを使ってみた

Yolo の検出遅延 (前回紹介したカメラ付きプラレール+Yolo 検出についての続きですが、機械学習から少し離れ、デバッグ寄りの内容になります。) Darknet の Yolo 実装では、以下のようなコマンドラインで MJPG Streamer の URL を渡すことにより、プラレールカメラのストリームを Yolo に渡すことが出来ます。 $ ./darknet detector demo cfg/voc.data cfg/tiny- […]

画像の認識 〜 Yolo

Yolo を試してみました 以前、子供のために、Raspberry Pi Zero+Pi Camera を使ったプラレールを制作しました。 先頭車両に穴をあけてカメラを取り付け、Raspbian にインストールした MJPG Streamer で映像をストリーミング、モーターは WebSocket でコントロール、そしてライト機能を追加して、スマホや PC のブラウザで遊びます。1 映像を見ながらカメラ付きプラレールを操作するだけでも楽 […]

YOLOを使ってみた -Windows- (塩尻MLもくもく会#5)

Windows10+kerasで、YOLOを使ってみます。 YOLOの最新バージョンはv3ですが、今回はv2を使います。 YOLOは、画像認識のセマンティックセグメンテーションの分野で 高速な性能を提供しています。 公式動画はこちら↓ https://pjreddie.com/darknet/yolo/ 事前準備 gitのインストール https://qiita.com/toshi-click/items/dcf3dd48fdc74c9 […]

YOLOv2(TensorFlow)を使ってリアルタイムオブジェクト認識をしてみる

はじめに これまで、オブジェクト検出としてBING、Selective Search、Faster-RCNNといった手法を試してきました。 今回は現在(2017/6月)のところ最速であろうYOLO(v2)を試したみたいと思います。 オリジナルはC言語で書かれています。 https://pjreddie.com/darknet/yolo/ ・過去の記事はこちら CNNの前処理としてOpenCVでBINGを使ってみた R-CNNとしてSel […]

Deep Learning (YOLOv2) を用いて写真に写っている物を検出してみる

はじめに 今回はYOLOv2というアルゴリズムを用いて写真に写っている人や物を検出してみます。 このアルゴリズムの作者・Joseph Redmonさんの動画を観るとYOLOv2についてイメージしやすいと思います。 さらに詳しく知りたい方は 公式サイト(英語) もしくは 日本語ドキュメントをご覧ください。 この記事の完成イメージとしてはこのような形になります。 それでは、さっそくやってみましょう。 手順としてはこのような流れで行います。 […]

YOLOv2(Keras / TensorFlow)でディープラーニングによる画像の物体検出を行う

やったこと 流行りのディープラーニングを使って、画像の物体検出を行いました。 今回は、YOLOv2というアルゴリズムを使って物体検出を行なっています。 YOLO(You Only Look Once)とは 畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural Network)を用いた物体検出アルゴリズムです。現時点ではv1とv2が存在します。 YOLO(YOLOv1) 論文はこちら(2015年)。 従来とは異 […]

物体検出とボケ検出で一眼レフ風の料理写真候補抽出

この記事は Retty Inc. Advent Calendar 2017 7日目です。 昨日は @ryota-yamamoto さんによる Vue.jsでコンソールに絵を描く ~ ES6を添えて ~ でした。 はじめに こんにちは、Rettyでエンジニアをしておりますtamatsu(@koji-t )と申します。 去年【Darknet】リアルタイムオブジェクト認識 YOLOをTensorflowで試すという記事を書いたので今年はこのオ […]

Raspbian Stretch+NCS(Neural Compute Stick)+YoloV2+Webカメラ+ROSによるリアルタイム複数動体検知環境の構築

I wrote it in English in the comment section. ◆ はじめに Raspberry Pi 3 model B+ へ、タイトル記載のディープラーニング(DeepLearning)環境をインストール・構築する。 OSを導入するところからのクリーンな状態での作業を前提とし、初期状態から着手すれば、ほぼコピー&ペーストだけでつまづくことなく完了するはず。 ごちゃごちゃするのは好きではないため、pyenv […]